海外ドラマ『TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ』海外ドラマ評論家 池田敏が語る見どころ!‏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

HBO's "True Detective" Season 1 / Director: Cary Fukunaga

ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントは、「TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ <ファースト・シーズン>」を、2016年4月20日ブルーレイ&DVDリリースする。

数々の傑作ドラマを生み出してきた米人気放送局HBOが、マシュー・マコノヒー、ウディ・ハレルソンという2大映画スターを配し、満を持して贈る超一級の緊迫クライムサスペンス。2014年のエミー賞5冠に輝いた本作の魅力を、毎回異なる評論家やライターが解説!第3回目となる今回は、海外ドラマ評論家 池田敏が語る本作の魅力を紹介!




海外ドラマ評論家 池田敏が語る
「TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ」の見どころ


クオリティが上昇し続けるアメリカのドラマが、ついにこんな高みに到達したかと感嘆させられた。それが「TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ <ファースト・シーズン>」だ。まったく異なるタイプの刑事コンビが、若い女性の全裸死体が見つかった事件に取り組む。そこで浮かび上がってくる、アメリカ南部の闇。ネタバレになるので詳述はできないが、ある意味、第88回アカデミー賞で作品賞に輝いた『スポットライト 世紀のスクープ』(15年)に先駆けたともいえる社会派ミステリー。本作を放った全米屈指の高品質チャンネルで、エミー賞の常連でもあるHBOならではの先見性にあらためて驚く。

HBOは以前からトム・ハンクス、スティーヴン・スピルバーグらハリウッドの大物たちと組み、以前なら TVの仕事に躊躇した映画人も“HBOならば”と集まる。本作では2大スター、マシュー・マコノヒーとウディ・ハレルソンが共演。特にマコノヒーは第86 回アカデミー賞で主演男優賞に輝いた『ダラス・バイヤーズクラブ』(13年)と、ヒット作『インターステラー』(14年)の間に本作に参加。前者の役作りでした激ヤセをあえて残し、鬼気迫る熱演だ。

監督には当初、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(14年)『レヴェナント:蘇えりし者』のアレハンドロ・G・イニャリトゥも検討されたが、最終的にはキャリー・ジョージ・フクナガが監督に。収録前、ルイジアナ州警察の殺人課刑事に密着取材したフクナガ監督はリアルさにこだわるだけでなく、アップを多用したかと思えば驚異的な長回し撮影にも挑み、 俳優陣をひたすら追い込み、彼らもそれに応えた。

それにしても感心させられるのは、全8話の構成の妙だ。約1時間×8話の全8時間に登場人物たちの17年間がぎゅっと凝縮された上、クライマックスは大いに盛り上がる。フクナガ監督が全話を演出したので、トーンも乱れない。ちなみにアメリカのドラマで、ひとつのシーズン全話を一人の監督が演出する例は非常に少ない。「まるで●時間の映画」と宣伝されることが多いアメリカドラマだが、これを超える「8時間の映画」はしばらく現れないと筆者が確信する、「TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ <ファースト・シーズン>」。物語がシーズン毎に終わることもあり、“海外ドラマは長いしちょっと……”とためらう映画ファンに一番お薦めしたい傑作である。


「TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ <ファースト・シーズン> コンプリート・ボックス」
2016年4月20日 ブルーレイ&DVD リリース!
価格:ブルーレイ⇒¥11,300+税)/DVD⇒¥9,400+税
レンタルDVD Vol.1~Vol.4
発売・販売元:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

(C)2016 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related service marks are the property of Home Box Office, Inc.Distributed by Warner Bros. Home Entertainment Inc.
公式サイト:http://truedetective.jp

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

関連記事(こんな記事好きですか?)

コメントを残す