「呪怨」の清水崇が手掛ける4DX限定作品『雨女』 本編の10分の1を公開前に解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

雨女:メイン

清水崇監督が仕掛ける体験型上映システム「4DX」限定公開作品『雨女』がついに今週末の6月4日(土)から全国の4DXシアターにて公開する。

今回、映画冒頭3分間の映像を公開前に解禁!

数々のホラー映画を世に送り出し、04年の『THE JUON/呪怨』では日本人監督として初の全米興行収入1位(実写映画)を記録するなど、世界中に恐怖とその名を轟かせる清水崇監督。<恐怖>を描くことでは、右に出るものはいない清水監督が、劇場用ホラー映画として6年ぶりに仕掛けるのは、体験型上映システム4DXを最大限駆使した35分の体感型エンターテインメント!徹底的に4DXシステムを研究し生まれた本作は、五感を直接刺激し、心の底まで恐怖を染み渡らせる臨場感たっぷりの<新しい恐怖体験>となる。

主演は、『TOKYO TRIBE』(14)ではオーディションを経てヒロイン役に抜擢され、『東京無国籍少女』(15)で映画初主演を果たした、今最も注目される若手女優・清野菜名。本作で初のホラー映画に挑戦する。共演として若き俊英・栁俊太郎や高橋ユウ、ベテラン俳優・田口トモロヲがホラー界の鬼才のもとに集結。水深5mのプールでの真冬の水中撮影など、徹底的に追い詰められたキャストたちが生み出す空気は、観るものすべてを恐怖の世界へと誘う。

解禁されたのは、4DX限定公開作品「雨女」の冒頭3分映像!鑑賞者が4DXを心身ともに一番満足できる時間尺として計算され35分間に凝縮された本作の約1/10の部分が公開前に一挙解禁!

大雨の中、踏切で電車が行くのを待つ雨合羽の幼い少女。突然現れる謎の黒い服の女と、その女に抱き寄せられながら、こちらを睨みつける小さな男の子。二人は少女の前の前で電車にひかれる。冒頭映像では早くも衝撃的なシーンから始まる。その後、出てくる少年たちは学校からの下校中に都市伝説として伝わる雨女を語っている。誰にでも経験のある子どもの1シーン。そして冒頭映像の終盤、、、突然背後に迫るのは?!

これはまだ本編の冒頭。本当の恐怖はまだ始まったばかりなのである。さらにこの映像、4DXで臨場感が数倍以上にもなって襲いかかってくることを是非とも想像してほしい。恐ろしさで腰を抜かしたとしても、自己責任ですがね。。この映像を観て、4DXをイメージして、是非覚悟して劇場に足を運んでほしい。



【ストーリー】
憂鬱な気分になる雨の日ー。その夢は、繰り返された。
雨の日の夜、理佳(清野菜名)は必ずと言っていいほど、同じ夢を見た。大雨の中、踏切で電車が行くのを待つ幼い少女。その前に突如現れ、踏切の中に入る黒い服を着たビショ濡れの女。女は男の子を大事に抱き寄せながら、少女の目の前で電車に轢かれてしまう。そんな夢を毎回見続け、さらには彼氏である隆(栁俊太郎)との煮え切らない関係に憂鬱な気持ちを抱えていた理佳は、母の命日に地元に帰省することにするのだが…。

『雨女』
2016年初夏、全国のユナイテッド・シネマ他にて4DX限定公開
配給:ユナイテッド・シネマ
(C)2016「雨女」製作委員会
公式サイト:www.ame-onna.jp

怪奇大家族 DVD-BOX [ 清水崇 ]
価格:13311円(税込、送料無料)


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す