小栗旬×大友監督『ミュージアム』公開日決定&新場面写解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ミュージアム

『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督と小栗旬のタッグが実現した、衝撃のスリラーエンターテイメント映画『ミュージアム』が11月12日(土)から全国ロードショーとなる。

原作は漫画大国日本を震撼させた巴亮介氏作の同名コミック。その想像を絶する過激描写と、読めば読むほどハマってしまう緻密に練られたストーリー構成、裁判員制度の問題という奥深いテーマも盛り込み、連載終了後も熱狂的ファンを増やし続けている、残虐性とゲーム性を兼ね備えた問題作。


昨年末、映画化発表されるや、その衝撃的なストーリーと、小栗旬と大友監督の最強タッグで、ネット上で騒然となったこの巨大プロジェクトは、主演の小栗をはじめ、尾野真千子、野村周平、大森南朋、松重豊など、日本映画界を牽引し続ける実力派俳優が競演を果たす。

今回解禁された最新場面写真は2点。雨の日に起こる殺人事件が、連続猟奇殺人事件と認定され、新米刑事・西野純一(野村周平)が緊迫の面持ちで臨む大規模な捜査会議のシーン、そして激しく降り注ぐ雨の中、犯人を追う沢村久志刑事(小栗旬)と西野刑事のふたりの姿を捕えたシーン。野村周平は、『ビリギャル』『ちはやふる』など続々と話題作への出演が続く人気急上昇中の実力派若手俳優。沢村とコンビを組み、事件の真相を追うのだが、やがて最悪の結末が待ちうける…。真相に近づけば近づくほど、彼らもまた逆に追いつめられ、いつしか観る者までも1秒1秒追いこんでいく、全編クライマックスの怒涛の展開と重厚なドラマの行方に、ますます期待が高まるワンシーンだ。

『ミュージアム』新場面写真A
『ミュージアム』新場面写真B




【ストーリー】
雨の日に起きる連続猟奇殺人事件。犯行現場に残された謎のメモ、そして見つけられることを前提としたかのような死体。犯人はカエルのマスクを被った殺人アーティスト・カエル男。事件の関連性に気付いた沢村刑事が捜査を進めると、驚愕の次のターゲットが浮かび上がる。カエル男の次のターゲットとは…。そして、犯人を追うはずの沢村が、逆に絶望的な状況に追い詰められて行く。果たして、カエル男の目的は?

『ミュージアム』
11月12日(土)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)巴亮介/講談社(C)2016映画「ミュージアム」製作委員会
公式サイト:http://www.museum-movie.jp

ミュージアム(1) [ 巴亮介 ]
価格:616円(税込、送料無料)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

関連記事(こんな記事好きですか?)

コメントを残す