ダース・ベイダーがついに登場!『ローグ・ワン』最新映像が全世界一斉解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ダース・ベイダー

エピソードⅢとエピソードⅣの狭間を描くスピンオフ作品『ローグワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が2016年12月16日(金)から全国ロードショーとなる。

今回、本作の最新映像が全世界一斉解禁!


本作は、「スター・ウォーズ」伝説の原点『スター・ウォーズ エピソード 4/新たなる希望』へと続く、今まで語られることのなかったもう一つの物語。今回の映像では、帝国軍の支配が着々と進む銀河で“ダース・ベイダーのテーマ”として知られる「帝国のマーチ」の音楽が流れるなか、反乱軍に加わった女性戦士ジン・アーソを筆頭に、寄せ集め5人の極秘チーム<ローグ・ワン>の姿が描かれる。

反乱軍のメンバーから「お前を信用できるのか?」と問われ「お互い様でしょ」と強気に返答するジン。ジェダイが存在しない時代─、フォースもライトセーバーも使えない、はぐれ者の寄せ集めでバラバラの5人のチーム<ローグ・ワン>は「97.6%の確率で失敗する」という極秘ミッション[帝国軍の究極兵器“デス・スター”の設計図奪取]を遂行する事ができるのだろうか?

ストームトルーパーやデス・トルーパーという戦闘のプロ集団を要し圧倒的な力を持つ帝国軍に対し善戦する反乱軍。しかし、映像の最後に全てを嘲笑うように登場するのが、シスの暗黒卿、ダース・ベイダーだ。スクリーンには二度と現れないと言われながらも、その圧倒的な存在感とその背景にある熱く切ないストーリーに、再登場への熱望が絶えることがなかった、悪の帝王が満を持しての登場。僅かな登場にも関わらず、世界中の観客には大きな期待、そして反乱軍<ローグ・ワン>の5名には圧倒的な絶望を植え付ける、最大級のインパクトを放っている。

ルーカスフィルムの社長で本作ではプロデューサーを務めるキャスリーン・ケネディが「“「スター・ウォーズ」の世界には、別の形で語られるべき物語がある”という、ジョージ・ルーカスのアイデアから本作品は生まれました。この『ローグ・ワン』は、家族の物語という「スター・ウォーズ」の価値観を継承しつつ、これまでのファンはもちろん、新しい世代の観客をも魅了するような作品になるでしょう。」と語るように、本作は<スター・ウォーズ>の世界への架け橋となる“もう一つ”の物語<アナザー・ストーリー>。

「スター・ウォーズ」シリーズで最初に公開された『スター・ウォーズ エピソード 4/新たなる希望』でレイア姫がR2-D2 に託した、帝国軍の要塞であり究極の兵器“デス・スター”の設計図。『エピソード4』の作品冒頭でおなじみのテーマ曲とともに流れるオープニング・クロールの中にある[反乱軍のスパイは帝国の究極兵器に関する秘密の設計図を盗み出す事に成功した]という一節。「反乱軍はどのようにデス・スターの設計図を盗み出す事ができたのか?」という積年の謎と共に、伝説の原点よりも“原点”、今まで語られる事の無かった名もなき戦士たちのドラマチックな物語は、壮大な<スター・ウォーズ>の世界に躊躇してしまっていたビギナーには、伝説の入り口となる作品として大きな役割を果たす事になる。



【ストーリー】
「ひとりでは、戦えない──」
銀河全体を脅かす、帝国軍の究極の兵器“デス・スター”。その設計図を奪うため、無法者たちによる反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女性戦士ジン・アーソは、様々な葛藤を抱えながら不可能なミッションに立ち向かう。その運命のカギは、天才科学者であり、何年も行方不明となっている彼女の父に隠されていた…

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
12月16日(金) 全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C)Lucasfilm 2016
公式HP:http://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す