「映画秘宝」presents 映画秘宝まつり 『グリーンルーム』、『ナイスガイズ!』 2大プレミアトークイベント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台に繰り広げられるコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭in台東」(通称したコメ)。今年も2016年9月16日(金)~19日(月・祝)期間で「第9回したまちコメディ映画祭in台東」が開催された。

毎年大好評の映画秘宝まつり。今年はWジャパンプレミアとパワーアップし、町山智浩氏と水道橋博士氏の“バディ”爆裂映画トークで会場を笑いで包みました!


●実施日時:9月18日(日) 
●場所:浅草公会堂
●ゲスト:町山智浩、水道橋博士、高橋ヨシキ

【町山智浩】
『グリーンルーム』は犬が可愛かったですね。『ブルー・リベンジ』(監督の前作)の主人公がまた出演しています。すごくいい人なのに、ネオナチなんですよね。いいネオナチ役です(笑)『ナイスガイズ!』のラッセル・クロウは殴り屋で、実生活と同じ(笑)ホテルのドアマンも殴ってるんですもんね。それに『L.A.コンフィデンシャル』のときのラッセル・クロウとの対比してみてください。面白いです。ライアン・ゴズリングのヒゲ“ポルノヒゲ”って言われてるんですよ(笑)70年代のポルノ映画にはこんな感じの人がいっぱい出てました。この映画を見ればアメ車がなんで滅んだかが分かります。日本車が出てくる直前の話です。あと娘さん(ライアン・ゴズリングの娘役)。この子は名女優になると思います。

【水道橋博士】
『グリーンルーム』がアントン・イェルチンの遺作になればよかったですね。映画の内容的にもこれ死んでちょうどいいし(笑)昔流行っていたパンクのことを思い出しましたね。『The Nice Guys』のラッセル・クロウがすごいジョン・グッドマンに見えるっていう面白いことに気づいてしまった。本当に似てる。

【高橋ヨシキ】
『グリーンルーム』の犬の攻撃は良かったですね。画期的な人体破壊表現でした。それにデブの腹をカッ切ったとき、ぽろっと黄色い脂肪とかが出るリアリティ。刺したとき骨のあたりでザクって止まるのは切り裂き映画として最高でした。アントン・イェルチンのプラプラになる腕なんか、自分の腕の上に特殊メイクで傷を盛ってるだけなんですけど、あまりにも造型が上手くて(笑)生きてる犬も可愛かったけど、撮影に使った上半身だけの犬の模型も可愛かったですね。(『The Nice Guys』の撮影時の写真を見て)みんな苦労人に見えますね(笑)シェーン・ブラック監督は何か撮ると干されますもんね。でも『アイアンマン3』で復活して、これですね。『ラスト・ボーイスカウト』とほぼ内容一緒ですけど。






公式HP:http://www.shitacome.jp/2016/index.html

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

〈映画秘宝〉激動の20年史
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/9/20時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

関連記事(こんな記事好きですか?)

コメントを残す