『デスノート Light up the NEW world』、札幌に東出&池松の2人が降臨!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

デスノート

映画「デスノート」10年ぶりの正統続編として制作される『デスノート Light up the NEW world』が10月29日(土)より丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他にて全国拡大ロードショーとなる。

今回、本作に出演する東出昌大さんと池松壮亮さんが札幌キャンペーン・舞台挨拶に登場した。

デスノート対策本部・捜査官の三島創(みしま・つくる)を演じた東出さんとLの遺伝子を継ぐ世界的名探偵・竜崎を演じた池松さんは、本試写会が初お披露目となるため、「ドキドキしています」と笑顔を見せた。製作発表から約1年。原作ファン・前作ファンのみならずエンタメ・映画ファンが公開を待ち望む“デスノート最新作”を一足先に観ることが出来る上に、2人の登場で場内は大熱狂!

「完全にオリジナルの物語なので、ネタバレせずに話すのが大変です(笑)」と話す東出さんは「僕は竜崎とのシーンが多かったのですが、台本にない現場で増えたシーンが沢山あります。それぞれが監督にその場その場で相談しながら、撮影に臨みました。緊迫感の溢れるシーンが出来上がったので、是非注目していただきたいです」と映画の見所を語りました。 “名前を書かれた人間は死ぬ”という死神のノート・デスノートについて「表紙の質感から本当にすごくて。撮影現場にあると本当に緊張感が漂っていました」と東出さんが話すと、続けて「東出さんが真面目に話していますけど・・・でも、僕らが撮影で使ってたのは偽物ですからね(笑)」と池松さんが話し、笑いを誘う一幕も。

そして、最後に東出さんは「観終わった後、必ず誰かに話したくなると思います(笑)そして、伏線含めて確認し合いたくなる作品になりましたので、存分に楽しんで頂きたいです」と語り、池松さんが「エンドロールの最後まで、油断せずに見て頂きたいです!色んなことを忘れてドキドキしながら観て頂けたら嬉しいです」とメッセージを残しイベントは終了した。



【ストーリー】                                
犯罪のない社会を目指し、デスノートで世界を変えようとしたキラこと夜神月。暴走する彼を阻止しようとした世界的名探偵L。天才VS天才の対決から10年経ったある日、世界中のネット回線がジャックされ、キラによるメッセージが発信された―。「デスノートを手に入れろ―」
死神により地上にもたらされた6冊のデスノート。同時多発的に発生する大量の殺人事件。そんななか、三島(東出昌大)が率いるデスノート対策本部に、Lの後継者・竜崎(池松壮亮)が加わり、無差別殺人事件の現場で一冊のデスノートを手に入れる。一方、その現場には、キラの信奉者・紫苑(菅田将暉)の姿が――。今、それぞれの譲れない“正義”を懸けた、3人の壮絶な頭脳戦が始まる──!

『デスノート Light up the NEW world』
10月29日(土)より丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国拡大ロードショー!
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
公式サイト:www.deathnote2016.com

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DEATH NOTE 完全収録版 [ 小畑 健 ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2016/10/7時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す