松井玲奈がデジタル映像ライフの楽しさを紹介!「映像コンテンツ デジタル配信セミナー2016」レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

松井玲奈

DEGジャパンは、本格化する「映像デジタル配信サービス」時代における、映画・ドラマ・アニメなどのコンテンツプロバイダーの展望や取組を発信するため「映像コンテンツ デジタル配信セミナー2016」を実施した。

第2部では、ゲストに女優の松井玲奈さんが登壇し、普段からデジタル映像ライフを楽しむその楽しさ、手軽さを紹介した。

デジタル配信のサービスが増え、普及が加速した2016年。コンテンツ産業の活性化を目的として、パッケージソフトと同様に、今後、ますますマーケットが拡大して行く「映像コンテンツデジタル配信サービス」の成長を推進しているDEG ジャパンにより、本格化する「映像デジタル配信サービス」時代における、映画・ドラマ・アニメなどのコンテンツプロバイダーの展望や取組を発信するため「映像コンテンツ デジタル配信セミナー2016」が、本日12 月14日、都内にて開催された。

第1部では、(株)野村総合研究所 コンサルティング事業本部 ICT・メディア産業コンサルタント部 放送・コンテンツグループマネージャー 上級コンサルタント 三宅洋一郎による「国内デジタル配信市場の現状と今後について」、ワーナー ブラザース ジャパン合同会社 ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント メディア/リサーチ&カテゴリーマネージメント ディレクター 土屋隆司による「米国におけるデジタル配信市場の現状と今後について」が発表され、国内外で拡大するデジタル配信市場についてのプレゼンが行われた。また、その後モデレーターにジャーナリスト・西田宗千佳を迎え、『今日から始めるデジタル配信』について公演が行われた。

第2部では、女優として、さらには数々の人気番組でタレントとしても活躍の場を広げる、松井玲奈さんをお迎えし、その楽しさ、手軽さを紹介するトークショーと実施。今年の幅広い活躍を受け「2016年の1年を漢字で表すとしたら、色々なことが有りすぎて”無”です。来年は更に実りのある年にしたいです。」と振り返った。

松井玲奈

毎日のようにデジタル配信サービスを楽しんでいるという松井は、「昔の作品も含めて、自分が観たい時にすぐ観ることができる。仕事で忙しいときでもすぐに手のひらの中で観られるとろが良いですよね。」とその利便さを語った。また、仕事で日本全国を移動する際の活用方法についても「最近はダウンロードを利用しています。”速度制限問題“を回避するために、前日の夜にお家でダウンロードしたものを移動先で観たりしています。ダウンロードの時間も楽しいんです。あとは、お風呂にタブレットを持ち込んで、アニメや映画を観ます。ダラダラとお風呂に入るのがすごく好きなので、デジタル配信を楽しみながら有意義に過ごしています。」とデジタル配信で映像を観ることが生活の一部になっていることを明かした。

さらに「撮影現場で、自分の観たことのない映画の話題などが出ると、お家に帰って、すぐダウンロードして観てみます。次の日には、観た映画の話ができますし、自分の知らなかった作品を観る機会になる。知らなかった監督さんや俳優さんで検索して関連作を観てみたり・・・とても勉強になります」と、女優として活躍を始めた松井ならではの活用方法を披露した。

松井の周りでもデジタル配信を利用している人が多いと明かし「みんなは海外ドラマを観ています。『ウォーキング・デッド』の新シリーズが始まるね!など盛り上がっていました」と笑った。また、女優として色々な作品に出演している松井は「実家でも自分が出ている作品をおばあちゃんが観ていると言っていました!」と様々な世代にもデジタル配信が浸透しているエピソードを明かした。最後に、2017年も益々盛り上がりを見せるであろうデジタル配信での映像ライフについて「デジタル配信の登場は衝撃的でした。今では生活のすごく近くにあると思います。色んな方に、手軽に楽しんでもらえたらと思います」とPRした。

■主催:DEG ジャパン コンテンツ部会
http://www.deg-japan.jp/index.html

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

松井玲奈写真集 きんぎょ [ 櫻田厚志 ]
価格:1543円(税込、送料無料) (2016/12/14時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す