『虐殺器官』劇場本予告編 いよいよ解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


夭折の作家、伊藤計劃のデビュー小説『虐殺器官』が劇場アニメ化され、2017年2月3日(金)に公開する。

今回、本作の劇場本予告映像がついに解禁された。これまでの映像に加え新規カットが大量に追加されており、圧倒的なクオリティがひしひしと感じ取れる内容となっている。

2007年に刊行された「虐殺器官」は“ゼロ年代最高のフィクション”と称えられ、SF、アクション、ミステリといったジャンルで区分けすることはもはや無用だった。文庫版の帯には、小島秀夫、宮部みゆき、伊坂幸太郎からの絶賛のコメントが大きく掲出された。原作は『一人称で戦争を描く。主人公は成熟していない、成熟が不可能なテクノロジーがあるからである』というコンセプトで書き進められた。

「虐殺器官」の特徴であるリアルで戦列な戦闘シーンと、内省的で繊細な心理描写―この両面を描くことが出来る映像作家は限られている。監督・村瀬修功はその中でも間違いなくトップの一人だ。2015年秋に起こったスタジオmanglobeの倒産により、一時は制作中止の危機に陥ったが、新たに設置されたジェノスタジオにより再始動。「予測のできない事態だったが伊藤計劃さんが再びチャンスをくれたのかもしれない。」村瀬を中心に新たに始動した『虐殺器官』。その映像作品としての純度は必ずや、我々の期待を凌駕するだろう。



【ストーリー】
テロの脅威にさらされ続けたアメリカは、その恐怖に対抗すべく徹底した情報管理システムを構築していた。一方、アメリカ以外の世界各地では紛争の激化が続いていた。世界の紛争地を飛び回る米軍特殊部隊クラヴィス・シェパード大尉に、謎のアメリカ人の追跡ミッションが下る。その男、「ジョン・ポール」は、紛争の予兆とともに現れ、その紛争が泥沼化するとともに忽然と姿を消してしまう。かつて有能な元言語学者だった彼が、その地で何をしていたのか。アメリカ政府の追求をかわし、彼が企てていたこととは…? ジョンがチェコに潜伏しているという情報を元にクラヴィスは追跡行動を開始。チェコにはかつてジョンと関係のあった女性ルツィアがいた。「虐殺の王」と呼ばれるジョンの目的は一体何なのか…。クラヴィスはジョンから驚くべき真実を聞かされる。

『虐殺器官』
2017年2月3日(金)公開
配給:東宝映像事業部
(C)Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN
プロジェクト公式HP:project-itoh.com 
「虐殺器官」公式HP:http://project-itoh.com/#/geno/top/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

虐殺器官新版 [ 伊藤計劃 ]
価格:777円(税込、送料無料) (2017/1/20時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

関連記事(こんな記事好きですか?)

コメントを残す