『ジャスティス・リーグ』中心メンバー3人の初写真がついに解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


元祖アメコミ界のスーパーヒーローチームを描く、圧倒的アクション・エンターテイメント「JUSTICE LEAGUE」の日本語タイトルが『ジャスティス・リーグ』に決定し、本作の日本公開が2017年冬になることが発表された。

今回、初となる待望のオフィシャル写真がついに解禁!

解禁された初写真には“ジャスティス・リーグ”の3人のメンバーが登場。街を守るため人を欺き、孤独に悪と戦ってきたバットマン、人類に失望しその身を隠し、たった 1 人で生きてきたワンダーウーマン、そして、友達が少ない事を気にしている地上最速の好青年フラッシュだ。一見バラバラな3名だが、本作の監督ザック・スナイダーは「ヒーローたちの相性がすごく良くて本当に大満足しているんだ!」と“ジャスティス・リーグ”のメンバーたちのケミストリーに自信を覗かせている。

また、本作で正式に初登場となるフラッシュ(バリー・アレン)を演じるエズラ・ミラーは、自身の演じるキャラクターについては「僕が演じているフラッシュは、ちょっと天然で大人たちを少しイラッとさせるんだ(笑)。ビートルズ
でいえばリンゴ・スターって感じのキャラクターだね。」と、役柄同様、お茶目で知られるエンターテイメント業界の大先輩リンゴ・スターをイジったコメントで表現している。さらにベン・アフレック演じるバットマン(ブルース・ウェイン)とガル・ガドットが演じるワンダーウーマン(ダイアナ・プリンス)については、まるでフラッシュが話すかのように「バットマンってのは無愛想で不機嫌なんだよ。ワンダーウーマンは思いやりがあって優しい人だね。」と語っている。

2016 年に公開され全世界で大ヒットした『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で映画史上最も激しいスーパーヒーローの戦いが描かれ、スーパーマンの無私無欲な行動、そして彼の死により地球の安全は守られた。そしてヒーローの死に、世界が悲しみで包まれるなか、再び地球に壊滅的な危機が迫っていた─。孤独に悪と戦ってきたバットマンと、人類に失望したった 1 人で生きてきたワンダーウーマン。スーパーマンと共に戦った2人は“最強の男の死”により、地球を守るためには“特別なチカラ”を持ったヒーローを探し<究極のチーム>を結成する必要がある事を悟る。

エズラ・ミラー曰く「バットマンなみに不機嫌」という怪力で無愛想な海の王者アクアマン(アーサー・カリー)や謎の男サイボーグ、そして“地上最速の好青年”だが天然なフラッシュを“ジャスティス・リーグ”に勧誘する事になったバットマンとワンダーウーマンは、孤独に生きるヒーローたちを団結させ、地球を壊滅的な危機から救うことが出来るのか?「友達が欲しいから」という理由で早々に参加を決意したフラッシュと共に、解禁となった写真で描かれる荒廃した建物の中、少し驚いた表情で見上げる3人ヒーローたちの視線の先には一体何があるのだろうか?



『ジャスティス・リーグ』
日本公開:2017 年冬
配給:ワーナー・ブラザース映画
監督:ザック・スナイダー
(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャスティス・リーグ:誕生 [ ジェフ・ジョーンズ ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/1/20時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください