のん録り下ろし&片渕須直監督監修!『この世界の片隅に』“すずさんのありがとう”動画解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


戦時下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きる女性、すずを描いた珠玉のアニメーション映画『この世界の片隅に』が絶賛上映中。

動員数130万人突破を記念し、“すずさんのありがとう”動画が解禁された。片渕須直監督監修のもと、のんが新たに録り下ろした主人公すずさんの声で、全国各地のファンに向け“ありがとう”の気持ちを伝える約1分間のムービーになっている。


12週目の、1月28日(土)1月29日(日)2日間の週末興行成績は約6千8百万円、動員は約5万人を記録。公開館数は201館(初週より+138館)。全国映画週末動員ランキング(興行通信社調べ)では9位にランクイン。本作はこれで12週連続TOP10入りを果たし、現在までの累計動員は130万名、累計興収は17億円を突破した。さらに、2月4日(土)からは新たに73劇場で公開が決定している。(再上映含む)

先週発表された第59回ブルーリボン賞にてアニメ映画では初となる監督賞を片渕須直監督が受賞。また、第26回東京スポーツ映画大賞では、作品賞を受賞した。各映画賞で受賞が相次ぐ本作。アニメーションの枠を超え絶賛、15受賞と大躍進中。(2/1現在)海外での上映は3/3(金)のメキシコからスタート。片渕須直監督と、のんが現地に赴き、現地の観客との意見交換を行う予定になっている。その後、アメリカ、フランス、イギリス、ドイツ、メキシコ、台湾、香港、タイなど全世界23の国と地域で上映が予定されている。



【ストーリー】
どこにでもある 毎日の くらし。昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。 だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

『この世界の片隅に』
全国大ヒット公開中!!
配給:東京テアトル
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
公式HP:konosekai.jp

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す