宇宙飛行士6名が恐怖と死闘するSFスリラー『ライフ』日本公開決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


無重力の宇宙船内で、未知なる生命体の調査を依頼された宇宙飛行士6名が直面する恐怖と死闘を描いたSFスリラー『ライフ』が7月8日(土)より全国公開することが決定した。

キャストはジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、レベッカ・ファーガソンといった人気俳優に加え、日本からは真田広之も出演。


火星で採取した<地球外生命体>の細胞を国際宇宙ステーション内で極秘調査するために、世界各国から集められた6人の宇宙飛行士たち。しかし、次第に進化・成長し、高い頭脳を持つ“それ”を前に、宇宙飛行士たちの関係も狂い始め、命も奪われていく。最後に生き残る<ライフ>は――。

「まるでTVのニュースを見ているような感覚で、“いま”起こり得るリアルさを徹底的に追及した」と製作陣が語る通り、実際に実現可能な技術と舞台設定で本作品は作りあげられた。宇宙船という限られた空間、そして無重力の中、未知の恐怖と向き合う彼らは極限のプレッシャーと恐怖に直面していく。

宇宙飛行士のメンバーに、『デッドプール』で世界的人気を博したライアン・レイノルズ、アカデミー賞ノミネート俳優であるジェイク・ギレンホール、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネーション』で妖艶な魅力を披露したレベッカ・ファーガソン、そして日本が誇るハリウッド・スター、真田広之という豪華キャストが顔を揃える。監督は『デンジャラス・ラン』でライアン・レイノルズとタッグを組んだダニエル・エスピノーサ。脚本は『デッドプール』の名コンビ、ポール・ワーニックとレット・リース。



『ライフ』
7月8日(土)より丸の内ピカデリー他にて全国公開
原題:LIFE/3月24日全米公開
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す