『キングコング:髑髏島の巨神』トム・ヒドルストン場面写真解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


キングコング誕生を描いたアクション・アドベンチャー超大作『キングコング:髑髏島の巨神』が2017年3月25日(土) から全国ロードショーとなる。

今回、トム・ヒドルストンが演じる調査遠征隊のリーダー、ジェームズ・コンラッドの姿をとらえた場面写真が解禁となった。


1973年、ベトナム戦争が終結した頃、人類が足を踏み入れたことのない謎の島、髑髏島(ドクロトウ)に調査遠征隊が派遣されることになる。調査チームを編成する米政府特務機関[モナーク]は、ベトナムのヘリ部隊に加え、イギリス陸軍特殊空挺部隊(SAS)の隊員としてベトナムに派遣され、ジャングルでの戦闘とサバイバル術をアメリカ軍に教えたスペシャリスト、コンラッドをリーダーとしてスカウトする。ベトナム戦争が終結し、喪失感と幻滅を感じていたコンラッドは、報酬は5倍、生きて帰れたらボーナスを追加することを条件に、髑髏島の案内人を引き受ける。



トム・ヒドルストンは自身が演じたキャラクターについて、「コンラッドは土地勘があり、戦争経験も豊富だが、自然主義者で自然のトラッカーである彼は、自然の力に深い敬意を抱いている。彼は自然に抵抗しても無駄だと理解しているんだ」と説明している。キングコングと対峙するヘリコプターのシーンでは、「ヘリの操縦はフレッド・ノースで、『007 スペクター』の宙返り飛行をやってのけたパイロット。ヘリにはドアがなくて、完全なオープンスタイルで、僕とブリー・ラーソンは身を乗り出している。仕事でそんなことができるなんて、本当に素晴らしい経験だった」と、アドレナリンが噴きだした体験を振り返っている。



【ストーリー】
それは簡単な任務のはずだった…。侵略地拡大のため、調査遠征隊が謎の島に潜入する。しかし、そこは人が決して足を踏み入れてはならない島― 髑髏島だった。爆弾を落とし、気軽に調査を開始した隊員たちの前に突如として姿を現す、島の巨大なる守護神“コング”。巨神の圧倒的なパワーの前に唖然とする隊員たち。骸骨が散らばる島の岩壁には血塗られた巨大な手の痕跡までもが…。だが、悪夢はそれだけではなかった。彼らの前には、謎の巨獣たちが次々と現れる。逃げても、隠れても、容赦なく襲いかかる巨獣たちを目の前に人間は虫ケラに過ぎず為す術もない…。絶体絶命、待ったなしの猛襲が続く中、やがて明らかになる髑髏島の秘密―。果たして、コングは人類にとって悪魔なのか、神なる存在なのかー。人類は生きて、この島から脱出できるのかー。規格外!人類とモンスターとの超ド級の戦いを描くシリーズの“始まり”となる『キングコング:髑髏島の巨神』。2020年には、『ゴジラVSコング(原題)/Godzilla vs. Kong』も決定!怪獣王Vs巨神の究極のガチンコ・モンスターバトルが勃発する。
人類よ、命を賭けて脱出せよ! 戦う覚悟はいいか!!

『キングコング:髑髏島の巨神』
2017年3月25日(土) 丸の内ピカデリー・新宿ピカデリーほか全国ロードショー
(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/kingkong/
ハッシュタグ:#キングコング映画

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングコング(1976)【Blu-ray】 [ ジェフ・ブリッジス ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/2/15時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す