『キングコング:髑髏島の巨神』GACKT&佐々木希による公開アフレコイベントを実施!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


キングコング誕生を描いたアクション・アドベンチャー超大作『キングコング:髑髏島の巨神』が2017年3月25日(土) から全国ロードショーとなる。

今回、本作の日本語吹き替え版で声優を務めるGACKTと佐々木希が、公開アフレコイベントに登場した。


本作は、キングコングを始めとする巨大生物たちが巣くう謎の島、髑髏島(ドクロトウ)を舞台に、人間たちの決死のサバイバルを描くアドベンチャー・アトラクション超大作。

GACKTはトム・ヒドルストン演じる主人公の傭兵ジェームズ・コンラッド、佐々木はブリー・ラーソン演じるヒロインの戦場カメラマン、メイソン・ウィーバーの声を担当する。本作が吹き替え声優初挑戦となる佐々木は、「吹替えは初めての経験で、すごくドキドキしてます。GACKTさんに引っ張ってもらえればと。」と緊張しながら挨拶。一方、映画やゲームなどで吹き替え経験の多いGACKTも、「こう見えて緊張しているんですよ」と挨拶した。



公開アフレコがスタートすると、佐々木は「元イギリス陸軍特殊部隊」という台詞がうまく言えず、何度かNGを出してしまい悔しい表情をしていると、GACKTは「可愛いねえ」と微笑んで佐々木を和ませた。



無事にアフレコを終えた佐々木はGACKTの印象について「感動しました!今回、初めて一緒にお仕事させて頂いたんですけど、オーラがピカピカと輝いていて、私なんかと話してくれるのかなって思っていたんですけど。最初からいろいろ教えてくださって、すごい優しい方だなって思いました。」と感想を述べると、それを聞いたGACKTは「僕はかわいい人には優しいんですよ。紳士ですから。」とコメントし会場を笑いに包んだ。



本作のオファーを受けたとき、GACKTは「正直、あまり期待してなかったところもあったんです。でも作品を観ると、僕らの世代が想像するキングコングとは違い、予想を裏切った展開から始まって、最後は前のシートに前のめりになって観ていました。メチャクチャ面白くて、オファーがあってよかったなと思いました。見終わったあと一人で興奮してました。」と本作の面白さを熱弁し、最後に「『ジュラシック・パーク』の20倍面白いです。騙されたと思って観て下さい。」とコメントし本作をアピールした。

[写真:ハウル沢田]



『キングコング:髑髏島の巨神』
2017年3月25日(土) 丸の内ピカデリー・新宿ピカデリーほか全国ロードショー
(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/kingkong/
ハッシュタグ:#キングコング映画

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングコング(1976)【Blu-ray】 [ ジェフ・ブリッジス ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/2/17時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す