『パッセンジャー』宇宙空間で引き裂かれる2人の本編映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


ジェニファー・ローレンスとクリス・プラットのW主演で贈るスペース・スペクタクル・ロマン『パッセンジャー』が3月24日(金)に日本公開となる。

今回、求め合う宇宙でたった2人きりの彼らの前に、絶望すぎるピンチが立ちはだかる本編映像が解禁となった。




冬眠装置で眠る5000人を乗せ、新たな移住地を目指し地球を後にした豪華宇宙船が舞台となる本作。目的地の惑星到着まで120年も掛かるなか、なぜか90年も早く目覚めしまった男女の壮絶なラブロマンスが注目となっている。今回解禁となった映像では、2人の愛が宇宙船のトラブルによって無情にも引き裂かれてしまう衝撃のシーンが収められている。

映像冒頭は、宇宙船アヴァロン号のトラブルに見舞われ、猛烈な勢いで宇宙空間に吹き飛ばされたジムの姿が映し出される。映像を観る人たちが、本年度アカデミー賞美術賞にもノミネートされた圧巻の宇宙船デザインと、壮大な銀河の光景に目を奪われてしまったのも束の間、なんとジムの命綱が“ブチッ”と千切れてしまう。みるみる宇宙船から遠ざかっていき、さらに宇宙服内の酸素が低下していく様子は、まさに“手に汗握る” 絶体絶命のピンチなのだ。

“宇宙で90年間たった2人きり”で、このまま船内で生涯を終えるかもしれない極限状況の彼らだが、唯一の生きる糧となっているのは“互いを求め合う愛”。この壮絶なロマンスを、先日公開となったテレビスポットなどで目撃した人たちからは、「死ぬ時は一緒よ!(You die, I die!) って言うとこでいつも泣きそう」、「ユーダイアイダイ!!って台詞真似したくなる」と早くも興奮の声が上がる。さらに、“地球では出会うはずのなかった身分の違い2人”という設定には、「まさに宇宙版タイタニック」であるとも話題になっている。しかし、そんな2人の求め合う愛を知りながら続く映像を観れば、その衝撃は絶叫レベル。愛するジムのピンチに宇宙に飛び出すオーロラ。もうすぐジムに手が届く…と思った瞬間、ラストにまさかの展開が待ち受けているのだ。

2人の前に立ちはだかる“壮絶な運命”と“極限状況の愛”について、オーロラを演じるジェニファー・ローレンスは「“自分では状況を変えることができない”というところに彼女はいる。そこで“自分の人生をこの先どこで、どのように過ごしていくのか”と揺れ動く彼女の感情は見物よ」と明かす。一方、ジムを演じたクリス・プラットも、「2人の壮絶な運命に、あらゆるものが込められた大作なんだ。怖くもありながら、心に響く人間味ドラマで溢れているよ」と語っている。



【ストーリー】
20××年――新たなる居住地を目指し、5000人の乗客<パッセンジャー>を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を後にした。目的地の惑星到着まで120年。冬眠ポッドで眠る乗客の中で、なぜか2人の男女だけが早く目覚めてしまった。90年も早く――。エンジニアのジムと作家のオーロラは絶望的状況の中でお互いに惹かれ合っていく。なんとか生きる術を見つけようとするが、予期せぬ出来事が2人の運命を狂わせていく――。

『パッセンジャー』
3月24日(金)全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式HP:Passenger-movie.JP

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す