『ワイルド・スピード ICE BREAK』新映像満載のロング版予告映像解禁!IMAX 3D/MediaMation MX4D/4DXでの上映も決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


全世界累計興収3800億円を超える全世界待望の人気アクション超大作「ワイルド・スピード」シリーズ最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』が2017年4月28日(金)より日本公開となる。

今回、全世界の新映像満載ロング版予告映像とポスタービジュアルが到着。さらに、IMAX 3D/MediaMation MX4D/4DXでの上映も決定した。




すでに公開されている予告編の全世界ブレイク後24時間の再生回数(YouTube、Facebook、Twitter等のSNSでの合計)が1億3900万回を超えるなど、早くも全世界から注目を集めている本作。今回解禁となる映像は前回の驚愕を上回る、新映像の数々が加わったロング版となる。

誰よりも“ファミリー”を大切にしてきたドミニク(ヴィン・ディーゼル)が謎のサイバーテロリスト・サイファー(シャーリーズ・セロン)と共に現れ、ファミリーを裏切るという衝撃の展開から始まる本映像。「あれは本当の彼じゃない」と誰もがドミニクの行動を信じられない中、ホブス(ドウェイン・ジョンソン)が先導となり、ドミニクの奪還を試みる。

しかし、「想像も出来ない事を始めるわよ」と語るサイファーが仕掛けたのは、全ての車のコントロールを意のままにしてしまう“ゾンビカー”システム!ニューヨークを走る街中の車がサイファーの手によってまるでゾンビのように動きだし、高層ビルから大量落下へ!毎回ありえない撮影を実現してしまう事でファンの度肝を抜いてきたワイスピシリーズですが、本シーンは実際に大量の車を落下させて撮影を敢行しており、撮影当時の様子は世界中で大きな話題となった。

車だけでなく人までも飛ばせてしまった新シーンの後、ドミニクを追いつめるためにファミリー最大の敵だったはずのデッカート(ジェイソン・ステイサム)と手を組むという意外な展開へ。さらに、舞台をアイスランドに移し、戦車で対抗しようとしたのもつかの間、氷河から巨大潜水艦が出現する。デッカートに「筋肉バカめ」とまで言われたホブスはその期待に応えるかのごとく素手で巨大魚雷と格闘してみせ、ファミリーたちにミサイルの雨の危機が迫るなど、前回以上に“崩壊(BREAK)”が止まらない映像となっている。

予告と共に解禁されたポスタービジュアルは、裏切り者のドミニクとサイファー、そしてレティら“ファミリー”が対峙する様子が描かれる迫力満点の仕上がりになっている。過去との繋がりを匂わせるサイファーの正体とは?ドミニクは何故“ファミリー”を裏切ったのか?これまでのシリーズを超える桁違いのスケールとドラマ、そして毎シリーズ期待を裏切らないサプライズにも決して目が離せない。



『ワイルド・スピード ICE BREAK』
2017年4月28日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか
全国<超拡大>ロードショー!!
(C)Universal Pictures
公式サイト:http://wildspeed-official.jp/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワイルド・スピード SKY MISSION【Blu-ray】 [ ヴィン・ディー…
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/3/22時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す