『劇場版マジンガーZ』(仮題)起動記念イベント、トリプル大発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


全世界注目のプロジェクトとなる今年画業50周年を迎える永井豪原作のアニメーション作品『劇場版マジンガーZ』(仮題)。

今回、「AnimeJapan 2017」で行われた『劇場版マジンガーZ』(仮題)の起動記念イベントにおいて、<世界先行公開決定>、<超特報解禁>、<主演・ヒロイン声優が発表>が発表された。




会場ではどこよりも早く超特報映像が解禁された。闇に浮かぶマジンガーZの各パーツを舐めるようにカメラが流れ“ロボットアニメの原点にして頂点”“それは、神にも悪魔にもなれるーー”というキャッチコピーの中、足、拳、そしてブレストファイヤーと思われるパーツがお目見え!さらにこの超特報にはファンにはたまらないパイルダー(操縦席)、そして気になるマジンガーZの顔も瞬間的だが映されている。

超特報の後にはイベント立会人として登壇した森久保祥太郎、茅野愛衣がそれぞれ主演・ヒロイン声優を務めることが発表。主役の兜甲児役に森久保。弓さやか役に茅野が伝説的アニメーションのメインキャラクターを演じる。また、「ONE PIECE エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜」の志水淳児が監督を務めるなど、メインスタッフも発表された。

さらに会場では、今年画業50周年を迎えた、本作の原作者・永井豪からビデオメッセージが!そこで永井の口から“世界の皆さんにもお届けします”と世界公開を大発表!公開地域は随時発表される予定だが、日本に先駆けての世界先行公開が決定している。

■永井豪コメント全文
「私の愛するマジンガーZが復活します。誕生から45年、この私も漫画家をはじめて50年、この記念すべき年に再びマジンガーZを皆様にお届け出来る事を嬉しく思います。また、マジンガーZは世界の様々な地域で親しまれている作品です。今までマジンガーを支えてくれた様々な国のファンの皆様への感謝とともに、今回の映画化作品は世界の皆さんにもお届けしたいと思います。それでは世界の劇場にパイルダーオン!」


今回は主要制作スタッフも同時に発表された。監督は「ONE PIECE エピソードオブチョッパー+」など東映アニメ作品でヒット作を手掛ける実力派、志水淳児。脚本は「東京トイボックス」の小沢高広(うめ)。メカニックデザインは「攻殻機動隊Arise」や「ガンダム00」などの柳瀬敬之。往年のマジンガーZをどのように現代に甦らせるのか注目だ。そしてキャラクターデザインは飯島弘也、美術は「ガンダム」シリーズ、「エウレカセブンAO」のGREEN。新たなマジンガーZ伝説を創り出す熱いクリエーターたちも見逃せない。




『劇場版マジンガーZ』(仮題)
制作:東映アニメーション
配給:東映
(C)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マジンガーZ 1-3巻セット [ 永井豪 ]
価格:5832円(税込、送料無料) (2017/3/27時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す