実写映画『東京喰種 トーキョーグール』特報映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


累計2200万冊の発行部数を誇る石田スイ原作の超人気コミック『東京喰種 トーキョーグール』が実写映画化され、7月29日に全国公開する。

今回、これまでベールに包まれていた本作の映像が遂に<初>解禁された。




舞台は、人を喰らう怪人“喰種(グール)”が潜む東京。主演の金木研(カネキ)を演じるのは、窪田正孝。内気で平凡な大学生だったカネキは、ある事件がきっかけで半喰種となり、もがき苦しむ中、喰種たちの世界にふれ、やがてこの世界のあるべき姿を模索してゆく――。

ヒロインの霧嶋董香(トーカ)を演じるのは、清水富美加。喰種として生きる運命を背負いながら、人間の世界になじもうと努力する女子高生でありながら、愛する仲間の為に強大な敵に立ち向かう。喰種対策法を背景に活動する国の行政機関であるCCG(Commission of Counter Ghoul)本局所属の一等捜査官・亜門鋼太朗(あもん・こうたろう)に鈴木伸之、表向きは理知的で清楚な女性だが貪欲な大喰いの喰種である神代利世(リゼ)に蒼井優、CCG本局所属のベテラン喰種捜査官・真戸呉緒(まど・くれお)に大泉洋が扮し、「東京喰種」の世界を体現する。

解禁された映像は、「人間は誰も知らない、喰種の世界をー」という冒頭テロップから、恐るべき存在として捉えられている喰種の<真実の世界>へと一気に誘い込まれる。人間と喰種、のちに二つの世界を知る唯一の存在となる金木研(かねき・けん/カネキ/窪田正孝)は、行く末を象徴する不安気で複雑な表情を見せ、喫茶店「あんていく」でアルバイトしている女子高生のトーカ(清水富美加)、正義感溢れる亜門(あもん/鈴木伸之)、理知的で清楚な印象のリゼ(蒼井優)、不敵な笑みを浮かべる真戸(まど/大泉洋)の一見どこにでもいるような<人間>らしい姿が映し出される。

後半は一変して、それぞれの憎悪が渦巻く中、激しいバトルシーンが展開。カネキとトーカの研ぎ澄まされた身のこなし、喰種の象徴であるマスクをまとったカネキと亜門の手に汗握る大迫力のアクション、喰種に対抗するために開発された武器“クインケ” を手に持った真戸が垣間見え、<喰種 VS 人間>の壮絶な闘いを予見させる。ラストには、人間を捕食するための喰種特有の殺傷能力のある武器“赫子(かぐね)”が出現した状態のカネキの姿が!さらに、後半には喫茶店「あんていく」のマスター芳村功善(よしむら・くぜん)の、印象的な劇中台詞「人間と喰種、きみは二つの世界に居場所をもつ、ただ一人の存在なんだ」が使われ、まだ発表されていない俳優のこの声を誰が演じているのか、期待が高まる。



【ストーリー】
人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ)は、ある日、事故に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の少女・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ)と出会う。あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつもカネキを助ける存在となっていく。喰種たちのことを深く知ることで、カネキは大切な仲間や友人とどう向き合うか葛藤する。そんな中、喰種を駆逐しようとする人間側の捜査官・CCGとの熾烈な戦いに巻き込まれていくのだった…。

『東京喰種 トーキョーグール』
2017年夏 全国公開
配給:松竹
(C)石田スイ/集英社 (C)「東京喰種」製作委員会
公式サイト:tokyoghoul.jp

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す