『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』公開直前トークイベント実施!町山智浩「アメリカのスーパーヒーローものでは描けないキャラクター!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


イタリア発のダークヒーロー・エンターテインメント映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』が、5月20日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて公開となる。

5月17日(水)、都内で『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』のトークイベント付き一般試写会が開催され、映画評論家・町山智浩さんと作家・樋口毅宏さんがサプライズゲストとして登壇した。




本作は永井豪原作アニメ「鋼鉄ジーグ」をモチーフにして作られたイタリア発のダークヒーロー・エンターテインメント。2016年のイタリア・アカデミー賞と呼ばれているダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で、長編デビュー作ながら16部門にノミネートされ、結果的に新人監督賞を含む最多7冠受賞という快挙を果たした快作である。

作家・樋口毅宏さんは冒頭から「子どもの頃はじめて買ってもらった超合金ロボが、アニメ「鋼鉄ジーグ」で、すごく思い入れの強い作品」と興奮気味に語り始め、また「この映画は全編を通して本当に日本アニメへのリスペクトを感じる作品」と絶賛。それに対し町山さんの見方は、「日本アニメのリスペクトを感じつつも、これはヤクザ映画。2008年に公開された衝撃作『ゴモラ』でも描かれていたイタリアにいる世界最悪のヤクザ・カモッラに立ち向かう地元のチンピラが、ヒーローになる作品」と解説した。

また町山さんが、作品を鑑賞した直後から敵役・ジンガロを面白がっていることに樋口さんが触れると、そこから2人は敵役・ジンガロの話題で大盛り上がり!樋口さんの「彼は主人公よりキャラが立っている!」との言葉を発端に、町山さんが「キャラがすごく濃くて、何も考えてないところがめちゃくちゃ面白い。」と語りはじめ、「彼はアメリカのスーパーヒーローものには絶対に登場できないキャラクターで、すごく面白い」と、すっかり敵役・ジンガロの虜に。さらにジンガロのキャラクター設定にもふれ、“イタリアン・ポップスのオタク”“80年代の歌謡曲ばっかり歌うヤクザ”と次々に例えていく町山さん。さらにヒートアップし実際に町山さん自ら、観客がイメージしやすいように日本の80年代の歌謡曲を口ずさみながらジンガロを分析したところで、会場にはドッと笑いが起こった。そんな町山さんの発言に終始同調しながら、樋口さんもジンガロに対して「日本の小学生かよ!」と思わず突っ込んでしまうほどの盛り上がり。

このような映画の感想はもちろんのことアニメ「鋼鉄ジーグ」が放映された当時の日本のテレビ事情から、昨今多く見かけるようになった日本アニメにオマージュを捧げる海外作品についてのお話し、さらには 2020年のオリンピックの話まで、あらゆるテーマを縦横無尽に駆け巡りながら、終始2人の本作への愛が感じられたひと時。サプライズゲストとして登壇した2人のトークを聞いた観客にとっては、まさに“胸熱”な時間となった。



『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』
5月20日より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!!
配給:ザジフィルムズ
(C)2015 GOON FILMS S.R.L. Licensed by RAI Com S.p.A. – Rome, Italy. All rights Reserved. 
公式HP:http://www.zaziefilms.com/jeegmovie/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鋼鉄ジーグ VOL.1 [ 永井豪 ]
価格:9525円(税込、送料無料) (2017/5/18時点)


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す