映画『メッセージ』×ばかうけコラボポスター解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


『ブレードランナー』続編の監督が手掛ける衝撃のSF作品『メッセージ』が5月19日(金)に全国公開された。

本作で公開前から話題となっていたのは“ばかうけに似ている”飛行体のビジュアル。今回、ネット上での大きな反響を受けてなんと「ばかうけ」と『メッセージ』とのコラボポスターが解禁となった。




本年度アカデミー賞作品賞・監督賞など 8 部門ノミネートを初め、各映画賞を席巻してきた本作。ついに公開となった日本では、注目監督ドゥニ・ヴィルヌーヴが描いた娘を亡くした言語学者ルイーズの“母としての決断”と、その先に待ち受ける“誰も観たことがない感動のラスト”に、鑑賞後号泣しながら劇場を出ていく人が続出。早くも日本中が感動の涙で包まれている。

そんな世界絶賛の感動作である一方、ネット上では飛行体のビジュアルが“「ばかうけ」にしか見えない”と公開前から話題に。先日には「ばかうけ」の存在を知ったドゥニ監督が、「親愛なる日本の皆さん、ご推察の通り宇宙船のデザインは“ばかうけ”に影響を受けた。本当だよ」と、冗談ながらも思わず口走ってしまう姿が解禁。ツイッターではトレンド入りを果たすなど大きな盛り上がりを見せ、[いっそばかうけとコラボしてくれ][コラボやらないのかなー][今からでも遅くない。コラボしなさい]との声が数多く上がっていた。そんな世間の反響と監督からの告白を受け、なんと「ばかうけ」を製造・販売する株式会社栗山米菓公認「ばかうけ」×『メッセージ』コラボポスターが制作された。また栗山敏昭社長からは本作『メッセージ』に向けて“感激メッセージ”が到着する異例の事態も起こっている。



今回解禁となったコラボポスターは、広大な宇宙をバックに地球の上で“ばかうけ”がひっそりとたたずむ、何とも遊び心をくすぐるシュールな仕上がり。「ある日突然、巨大なばかうけが地球に。その味は不明――」と、文字られたキャッチコピーにも思わずニヤニヤしてしまう。<アカデミー賞を賑わした今世紀を代表する感動作>と<日本を代表するお馴染みのお菓子>が融合する奇跡の光景は、本作のポスターとばかうけの画像を合成して楽しんでいたファンたちの要望に応え、日本のみならず世界中を賑わしそうな予感を漂わせている。

株式会社栗山米菓の栗山社長は、「ネットでの話題を聞きそのビジュアルを見た時、私の目から見ても“ばかうけ”にしか見えず、他人事だとは思えない運命的なものを感じました」とコメントを披露。先日には栗山米菓本社内にある「ばかうけ稲荷」にて、巨大ばかうけと共に本作の大ヒット祈願までしてくれていた。そんな栗山米菓の厚意に対し、本作を配給するソニー・ピクチャーズ エンタテインメントも「栗山米菓様には祈願までしていただき、おかげ様で“ばかうけ”大ヒットとなりました」とその感謝をコメントした。ネット上の声が両社を引き合わせ、そこから生まれた感動的な縁によってまさかのコラボレーションが実現していたのだ。

さらに栗山社長は、ドゥニ監督の告白について「いまハリウッド映画界を牽引する注目監督に“ばかうけ”を愛していただけるなんてとても光栄です」と、感激のコメントを明かす。また、本作を鑑賞した感想については「従来のSF映画とは異なる新しいイメージのSF映画。今までのSF映画が“動”ならば、この『メッセージ』は“静”。作品を見た後も、自分が別の世界にいるかのような不思議な感覚になった」と、“ばかうけ型飛行体”からはイメージできないほどの衝撃と感動があったと“絶賛メッセージ”を送っている。



【ストーリー】
突如 地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)はヘプタポッドと呼ばれる知的生命体が人類にとって平和の使者なのか脅威なのかを判断するため、彼らと接触し言葉を理解してほしいと軍から依頼を受ける。物理学者のイアン(ジェレミー・レナー)とチームを組み、ヘプタポッドが発する表意文字の言語解読に没頭するうちに ルイーズは時間が逆行するような奇妙な錯覚に陥っていく――。そして言語の謎が解けたとき、彼らが地球にやってきた驚くべき真相と、人類に向けた美しくもせつないラストメッセージを知る。言語学者ルイーズが解読した、人類へのラストメッセージとは――。

『メッセージ』
5月19日(金)TOHO シネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式HP:http://www.message-movie.jp/


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す