【動画あり】歌舞伎町に誕生する国内最大級のVR施設『VR ZONE SHINJUKU』体験会プレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


株式会社バンダイナムコエンターテインメントは7月14日(金)に東京歌舞伎町にて国内最大級のVR施設「超現実エンターテインメントEXPO『VR ZONE SHINJUKU』」をオープンする。

オープンに先駆け7月12日にメディアに向けた内覧会が開かれ、これまでの体験会とは違い本営業に向け出揃った全てのアトラクションが体験できるようになっていた。


[取材:畑史進]

「超現実エンターテインメントEXPO『VR ZONE SHINJUKU』」とは、施設規模1,100坪(約3,500㎡)にも及ぶ国内最大級のVRエンターテインメント施設で、五感を極限まで刺激する「人力飛行機で空を飛ぶスリル」や「恐竜に襲われる恐怖」、さらに「ドラゴンボール」や「エヴァンゲリオン」など作品の世界をリアルに体感できる16種類のアクティビティを用意しており、東京歌舞伎町のオープンの後はロンドンや神戸市を始め世界中に展開することが予定されている。

施設は2階建てとなっていて、入場すると鮮やかな色を使ったプロジェクトマッピングで描かれた様々な光景が我々を出迎えるが、このプロジェクトマッピングをよく見てみるとパックマンに出てくるゴーストがこっそり出てくる等、レトロゲームマニアにも訴えかける要素も施されている。もしかしたら他のナムコ作品のキャラクターたちも隠れているかもしれないので要注意だ。またその他1階は主に食事スペースやおみやげコーナー、プロジェクトマッピングを使ったアトラクション、PSVRを使った『サマーレッスン』の体験が出来る。





2階は『VR ZONE SHINJUKU』の目玉コンテンツであるVRアクティビティが所狭しに並べられており、多くのゲストはここでVRアクティビティ体験をすることになるだろう。


■VRアクティビティ体験レポ

今回体験したVRアクティビティは『高所恐怖SHOW』『アーガイルシフト』『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』『エヴァンゲリオンVR THE魂の座』を体験してきた。いづれも映像クオリティは非常に高くなっていて、ゴーグルをかけると本当にその世界に入り込んでいるような感覚に陥ることが出来た。

●『高所恐怖SHOW』
このゲームは地上200メートルのビルの屋上にうずくまってしまった子猫を救い出すというゲームでプレイヤーはゴーグルと、ハンドセンサー、そして専用の靴に履き替えることとなる。プレイヤーがゴーグルをかけると目の前にエレベーターがあり、これに乗って200メートル先の屋上に向かう。その後エレベーターが開くと目の前には木の板の先端でうずくまっている子猫を見つけるが、したを見ると本当に全てのものや自動車が小さくなっているので迫力満点だ。木の板をソロリソロリと歩いて無事にネコを救い出すとそのまま戻れば良いのだが、何故か壊れる木の板に思わず足がすくんでビックリしてしまう。なんとかエレベーターに乗って地上に戻り親猫のもとに返してクリアとなる。
このVR体験で木の上に歩く時には本当に木の上を再現したような道がステージ上に用意され、プレイ中少しでも道の外に足がずれると足の感覚から恐怖が伝わってくるのでよく出来ているなと思った。








●『アーガイルシフト』
『サマーレッスン』でおなじみの原田プロデューサーが原案と監修を務めたこのゲームはVRゲーマーとしては外せないもの。内容はロボットのコックピットに乗って向かってくる敵機を撃墜するというよくあるシューティングで、頭の動きが標準と敵の攻撃の回避、両手のレバーで射撃という直感的な操作になっている。コックピットに乗ると美少女AIがプレイヤーを出迎えて操作方法を一通り説明し、出撃するが敵機の数が少ない割にやたらとVRゴーグルの死角から襲ってくるので常に頭を動かす必要に迫られるが、射撃が直感的な操作なのでシューティングが苦手な人にもおすすめできる。








●『ドラゴンボールVR』
このゲームは専用の舞台の上に立って『高所恐怖SHOW』同様に手と足のセンサーをはめて遊ぶゲームで、プレイヤーは孫悟空、ベジータ、ピッコロ、クリリンの4人のうち師匠になって欲しいキャラクターを選んで「かめはめ波」の練習をすることになる。このゲームは体の全体を使って遊ぶ事ができ、操作方法はおなじみの手を腰に当てて中腰になる「気を溜める」ポーズで気力を貯めて、かめはめ波や気弾を撃つことが出来るという仕組みになっている。師匠キャラクターはかなり細かくプレイヤーの動きの欠点やかめはめ波の状態を知らせてくれるので本当に彼らが目の前で修行を付けてくれているような感覚にさせてくれるので、「ようやくドラゴンボールの世界に入ることができたんだ」と実感させてくれた。








●『エヴァンゲリオンVR THE魂の座』
最初の体験会では出撃シーンまでしかできなかったので今回ようやく第10使徒と対戦出来るということで意気揚々と乗り込んだ。このゲームは先程の『アーガイルシフト』と似たような操作だが唯一違う点は左のレバーで武器を変えられるので状況に合わせて戦う必然性に迫られる。地上に出た後目の前にいる第10使徒は非常に巨大でうねうねしていているので改めてその気持ち悪さを実感する。エヴァを操作して様々な場所に移動をすると目の前にあるビルや障害物が次々と倒せるので世界観自体はよくできていると思った。結果としてあえなく惨敗したが、このゲームは3人強力タイプのゲームなので友達と連れ添って協力してプレイできればなんとか倒せるらしいので是非挑戦して欲しい。







【今回体験できなかった、その他のアトラクションを紹介!】


















『VR ZONE SHINJUKU』
施設面積:1,100 坪 (約 3,500㎡)
住所:東京都新宿区歌舞伎町 1-29-1
料金 :入場料 800円、こども(6~12歳)500円、5歳以下無料
1Day4 チケットセット 4,400円 (入場料と4種類のVRアクティビティチケットがついたセットチケットです。
各種体験できるアクティビティが異なりますので、詳細は公式HPをご確認ください。)
※VR アクティビティの対象年齢は13歳以上です。
ご利用方法:予約制 /6月16日(金)12時(正午)より予約スタート
営業開始日:2017年7月14日(金)
営業時間:10:00~22:00 ※最終入場時間 21:00
営業日:年中無休
運営委託:株式会社ナムコ
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc

公式ホームページ:http://vrzone-pic.com/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新世紀エヴァンゲリオン Blu-ray BOX NEON GENESIS EVA…
価格:32781円(税込、送料無料) (2017/7/13時点)


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す