ポール・ヴァーホーヴェン監督の傑作『ロボコップ』を世界初の4K爆音で!ファン有志によるクラウドファンディングがスタート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


巨匠ポール・ヴァーホーヴェン監督が、フランスの至宝イザベル・ユペールを主演に迎えて放つ、話題の異色のサスペンス『エル ELLE』が8月25日(金)から全国公開する。

今回、ヴァーホーヴェンの熱いファンの有志企画で、代表作のひとつである『ロボコップ』の世界初となる<4K爆音上映>実施に向けて、8月1日よりフクラウドファンディング企画がスタートした!




80年代SF映画を代表する1本でもある『ロボコップ』は、1987年6月17日に全米公開されて今年が30周年。公開から30年経った今でも、映画ファンから根強い支持を集め、世界中のトップクリエイターに影響を与え続けている。そして、このメモリアルイヤーに映画の地元アメリカでは各地で様々な上映企画が行われている。

そんな中、日本でも<4K高画質><爆音上映>という世界初となるハイスペックな上映環境で『ロボコップ』を贅沢に味わう唯一無二のイベント実現を目指し、ファン有志によるクラウドファンディングが8月1日からスタート!

この企画実施にあたり、元祖爆音の<boid>が上映会の音響を完全バックアップするほか、日本屈指のロボコップ研究者であるライターのジャンクハンター吉田、『ロボコップ』日本公開時に月刊少年ジャンプで漫画版「ロボコップ」を描いた漫画家の高岩ヨシヒロなどがすでに協力を表明。本企画の発起人のひとりである株式会社エリフェイドの齋藤使恩は、「4K爆音という唯一無二の上映環境により、往年の映画ファンの方から今回初めて劇場で『ロボコップ』を 体験するビギナーの方といった幅広い映画ファンを巻き込み、30周年となる今年に新たなムーブメントを作り出せたらと思っています」と今回の企画への想いを語っている。

さらに、6月に『エル ELLE』のプロモーションで来日したヴァーホーヴェン監督も、今回の企画を後押しすべく応援メッセージを寄せている。(応援メッセージ動画は下記企画ページよりご覧いただけます)。

■『ロボコップ』30周年記念 4K爆音上映 企画ページ
https://www.elifaide.co.jp/event/robocop4k_bakuon/




ポール・ヴァーホーヴェン最新作
『エル ELLE』
8月25日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
配給:ギャガ
(C)2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS– TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION – FRANCE 2 CINÉMA – ENTRE CHIEN ET LOUP
公式サイト:http://gaga.ne.jp/elle/




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す