松坂桃李『不能犯』ティザーポスターと特報が完成!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


俳優・松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることで話題の映画『不能犯』の公開日が2018年2月1日(木)に決定した。

■松坂桃李に見つめられたら最期!?色気漂う黒スーツで危険な男に女刑事・沢尻エリカ、全力疾走で対決!




本作は、「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」などでも知られる神崎裕也が作画、原作を宮月新が担当し、「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画が原作。目で人を死に導く主人公・宇相吹(うそぶき)正(ただし)役を松坂桃李、宇相吹が唯一コントロールできない、正義感溢れる女刑事 多田を沢尻エリカが演じている。

都会で次々と変死事件が起きていた。警察が証拠が一切見つけられない中、現場では必ず黒スーツの男が目撃されていた。男はSNSで話題の<電話ボックスの男>宇相吹正。電話ボックスに殺人依頼をすると、宇相吹が神出鬼没で現れ、ターゲットを殺すという…。誰もが持つ妬みや嫉妬、その心理に警笛を鳴らす新感覚スリラー・エンターテインメントが誕生!



【ストーリー】
都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男の姿が目撃されていた。その男の名は宇相吹正(松坂桃李)、彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺してほしい理由と連絡先を書いた紙を貼ると、必ず引き受けてくれるというのだ。ターゲットは確実に死に至るのだが、その死因は病死や自殺に事故。そう、宇相吹の犯行は、すべて【不能犯】だった。今日も、愛と欲望、嫉妬と憎しみを抱えた依頼人がやって来る。多田(沢尻エリカ)や百々瀬(新田真剣佑)ら刑事たちの捜査が進み、ようやく宇相吹の身柄を確保して任意で取り調べを始めるが、宇相吹は夜目(矢田亜希子)らベテラン捜査官たちさえも手玉に取る。そんな中、多田だけが唯一、宇相吹にコントロールされないことが判明する。

『不能犯』
2018年2月1日(木)、全国ロードショー
配給:ショウゲート
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会
公式HP:http://funohan.jp/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

不能犯 1【電子書籍】[ 宮月新 ]
価格:500円 (2017/8/9時点)


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す