豪華キャスト陣60人が一挙登壇!『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』完成披露プレミアイベント実施!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


日本中が熱狂した「HiGH&LOW」待望の新作映画、『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』が8月19日(土)から 全国ロードショーとなる。

公開に先駆け、完成披露プレミアイベントが8月9日(水)に東京国際フォーラムにて開催された。




イベント当日は、岩田剛典、黒木啓司、NAOTO、TAKAHIRO、登坂広臣、AKIRA、窪田正孝、林遣都、山田裕貴、中村蒼ら60名の豪華キャスト陣と、企画プロデュースのEXILE HIRO、久保茂昭監督、中茎強監督、脚本家の平沼紀久氏が登壇し、映画の見どころや撮影中の裏話を語った。また、登壇者の中からNAOTOがMCを務めた。

■『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』完成披露プレミアイベントを迎えての感想について

HIRO:本日は皆さん、お忙しい中お集まりいただき、ありがとうございます。いよいよ完成ということで、ここにいる素晴らしいキャストの皆様、スタッフの皆様のおかげで、日本映画史上に誇る素晴らしい作品が誕生したと思います。何回見ても面白い作品だと思うので、今日の上映を楽しんでいただき、好きなシーンなどを見つけてもらえたらと思います。



①山王連合会・White Rascals・DOUBTインタビュー

■(岩田さんへの質問)かなり大掛かりな撮影だったと思うのですが、撮影中のウラ話、エピソードがあれば教えてください。

岩田:撮影中に誕生日だったので、山王連合会のメンバーがサプライズでお祝いしてくれたのが良い思い出です!そして、次の日も久保監督とアクション監督の大内監督が撮影用の大型トラックにバースデーケーキをのせてもってきてくれたことが嬉しかったです!



■(黒木さんへの質問)闘いで傷ついたROCKYの姿を演じ、いかがでしたか?

黒木:これまでROCKYはスマートな役でしたが、今回は人間臭さや何度でも這いつくばって立ち上がるような泥臭さを見せる役どころでした。アクションシーンも多かったのですが、拳を交えるにしても愛やメッセージをもって演じさせていただきました。

■(中村さんへの質問)蘭丸という悪のカリスマ役に挑戦されて、いかがでしたか?

中村:初めは、自分にオファーが来たことが間違いかと思いました(笑)豪華なキャスト陣が勢揃いした撮影現場でしたが、レギュラーチームの方々が暖かく迎えてくれたので、初参戦の自分もとても入りやすい現場でした。黒木さんとは闘うシーンがあるので、現場ではじめて会った時は、体格が大きくて絶対負けるだろうと思いました(笑)


②九十九&琥珀・雨宮兄弟・九龍グループインタビュー

■(皆さんへの質問)今回は九十九&琥珀、雨宮兄弟、九鬼源治のカーアクションが見どころとなっていましたが、いかがでしたか?

TAKAHIRO:雨宮兄弟とムゲンはこれまで組むことがなかったのですが、今回は直己さん演じる九鬼源治が素晴らしい迫力でしたので、手を組まざるを得なかったです(笑)

NAOTO(MC):僕らは雨宮兄弟、九十九&琥珀、九鬼とは別の撮影でしたが、僕たちの方にも直己さんの役作りがすごいという噂は広がってました(笑)

直己:現場では役に入りこんでいて、普段より冷たく接していたので、結構クレームがありました(笑)



■(ケンチさんへの質問)九龍グループはそうそうたる俳優陣が揃いましたが、共演されていかがでしたか?

ケンチ:前作よりも圧倒的に進化していて、現場は威圧感がすごくて、ずっと背筋が伸びている感じでした(笑)岩城滉一さんともお話させていただく機会があったのですが、最近はこういう男臭い映画があまりないので、今後もこういうエンタテインメントを作って欲しいとお話されていました。


③RUDE BOYS・鬼邪高校・達磨一家インタビュー

■(山田さんへの質問)今回の撮影で思い出にのこっているエピソードはありますか?

山田:今回は林遣都さん演じる日向と対峙するシーンがあったのですが、そのシーンがとても楽しかったです。「達磨」ならではの僕のアドリブも入れていますので、ぜひご注目ください!また、鬼邪高校ならではのアクションシーンにも、ぜひ注目してもらいたいです!

■(窪田さんへの質問)RUDE BOYSはスモーキーの姿に衝撃の変化も見られました。今作について一言お願いします!

窪田:RUDE BOYSを引っ張ってくれたチームのみんなに一言ずつもらいたいと思います!

佐野(玲於):窪田さんのお芝居にはとても説得力があって、チームを引っ張っていただきました!

佐野(岳):今回初めてこの作品に参加させていただいたのですが、今まで感じたことのない不思議な空気感の中で撮影出来たことを光栄に思っています。

ZEN:毎回現場に行く度に、今回はどんな事に挑戦するのだろう?!という期待をもって参加させていただきました!



■(林さんへの質問)撮影中のエピソードや思い出はございますか?

林:シリーズを重ねるごとにどんどんスケールアップしているので、今作は「達磨一家」らしい登場シーンに注目してもらいたいです!


④プリズンギャング・MIGHTY WARRIORSインタビュー

■(ELLYさんへの質問)MIGHTY WARRIORSは今回重要な局面で登場しますが、注目してほしいポイントはありますか?

ELLY:SWORDとはまた違った、MIGHTY WARRIORSらしさを出せたら良いなと思いながらやっていました。今回新しく作った音楽もぜひ楽しんで見てもらいたいです。

■(メンディーさんへの質問)メンディーさんは今作初登場となりますが、いかがでしたか?

メンディー: 前作を見させていただいた時に、MIGHTY WARRIORSがすごく格好良かったことが印象的でした。今回はMIGHTY WARRIORSと一緒に出演できて嬉しかったです!

■(中茎監督・久保監督への質問)本日ご来場いただいたお客様にご挨拶と、本作初披露となる今のお気持ちをお願いします!

中茎:こんなに多くの方々にご来場いただきまして、ありがとうございます。これまでの日本映画の常識を覆すような作品となっておりますので、ここにいる超全員主役のキャスト陣による最高傑作をぜひお楽しみください!

久保:【生】でみているような迫力ある映像が満載で、『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』でしか見られないようなカーアクションが見どころなので、ぜひ本編をお楽しみください!


[写真:ハウル沢田]




【ストーリー】
SWORD地区──。「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星のごとく最凶の集団が現れる。暴力で人を束ね、街全体を震え上がらせていた暴君・林蘭丸(中村蒼)率いる悪名高いスカウト集団「DOUBT」。絶大な力で監獄に君臨していた王者・ジェシー(NAOTO)を筆頭とする武闘派集団「プリズンギャング」。新たな敵は、恐怖によるSWORD支配を目論んでいた。さらに権力と癒着してカジノ建設の野望を持つ反社会組織「九龍グループ」と、その陰謀を暴こうとする琥珀、九十九(青柳翔)、雨宮兄弟(TAKAHIRO、登坂広臣)の激闘も絡み、SWORD地区はかつてない事態へと突入する。そんな緊張がマックスに達したとき、ついに蘭丸率いるDOUBTがジェシーらプリズンギャングの力を借りて、深い因縁を持つWhite Rascalsに対決を挑む。圧倒的な勢力差を前にROCKY(黒木啓司)らWhite Rascalsは絶体絶命の窮地に陥るが──。そこに現れたのは、仲間のため街のために覚悟を決めたコブラ(岩田剛典)らSWORDの仲間たちだった!それぞれの想いが交差する中、未来をかけた最大の戦いが始まった。その果てに待ち受けるものは、希望か、それとも絶望か──。

『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』
8月19日(土)全国ロードショー!
配給:松竹
(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会
公式HP:http://high-low.jp

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HiGH & LOW THE MOVIE(豪華盤)【Blu-ray】 […
価格:6968円(税込、送料無料) (2017/8/10時点)


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す