スティーブン・キング原作「IT」がリメイク!邦題『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』日本公開決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


1986年にスティーヴン・キングが生み出した小説「IT /イット」が、再び映画化!邦題『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』として11月3日(金・祝)に全国公開することが決定した。

今回、邦題&公開日決定にあわせて超特報映像が解禁された。




ホラー小説界の頂点に君臨するスティーヴン・キングの小説の中でも、これほど恐れられた作品はない。「IT/イット」――それは発刊以来30年にわたって、世界中の読者に強烈なトラウマを植え付けてきた。この度、金字塔を打ち立てたこの小説を、ギレルモ・デル・トロ製作総指揮の新感覚ホラー『MAMA』で監督を務め、頭角を現した俊英アンディ・ムスキエティが映画化。

静かな田舎町に“それ”は突然現れる。ピエロの姿を借りた“それ”は子どもたちの命を狙い続ける。神出鬼没、変幻自在の“それ”からは、決して逃れられない……。

予告編がインターネット上でアップされるや、全米では『ワイルド・スピード ICE BREAK』『美女と野獣』を抜き、24時間で1億9700万回という史上最多の再生回数を記録。それとともに町にピエロが出没する奇妙な現象が相次ぎ、全米を震撼させた。日常を侵食する“それ”は、最恐のトラウマになる!

邦題・公開決定とともに超特報映像と場面写真も解禁。超特報映像では、下水道の出口へと回転しながら向うについれ「IT」の恐ろしげなロゴが迫ってくる。「皆、浮かんでるよ。」というゾッとする意味深なセリフとともに観る者の期待感を煽る。写真は真っ赤な風船で顔が隠れた“それ”が強烈なインパクトを残すものとなっている。

【ストーリー】
“それ”は、ある日突然現れる。
一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。“それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
11月3日(金・祝)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:itthemovie.jp
ハッシュタグ:#イット見えたら終わり

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イット【Blu-ray】 [ ハリー・アンダーソン ]
価格:1200円(税込、送料無料) (2017/8/17時点)


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す