映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』主題歌のGLIM SPANKY&挿入曲のKenKenの楽曲入り予告編完成!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


世界的ヒーロー、ジャスティス・リーグとのコラボで話題の『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』が、10月21日(土)より、ロードショーする。

今回、主題歌のGLIM SPANKY&挿入曲のKenKenの楽曲入り予告編が解禁された。




本作でスーパーマンをはじめとしたヒーローたちが活躍するシーンで流れる挿入曲には、ベースヒーローKenKenが決定。超絶テクで低音から攻め上げ、観るものに悪と戦う勇気と希望を与えるような疾走感あふれるサウンドを書下ろし、「鷹の爪団」ののどかな世界観が、まさかのかっこいい映画に見えてくるハズ。そして、さらに主題歌には疾走感と滑空感、ドライブ感満載の楽曲は、“正義”が似合うGLIM SPANKYが快諾。この豪華2大アーティストの楽曲を使用した予告編は、8/25(土)より一部の劇場にて上映される。



そして今回解禁された予告編は、鷹の爪団とDCキャラクターのジャスティス・リーグとどうか関わるのか、そしてジョーカーたちとのバトルシーンの一部が描かれ、期待感高まる映像に仕上がっている。ジャスティス・リーグのメンバーが、鷹の爪団を訪ねてきた後、早速ジャスティス・リーグがジョーカーたちを見つけカッコよく戦うが、あと一歩のところでピンチに!一方、脱退したバッドマンには、過去にトラウマがあることが明かされます。そして、夜のレインボーブリッジ、海からアクアマンが登場すると、まるで実写のようなバットモービルが到着。吉田くんが「いけー、ジャスティス・リーグ!」と声援を送ると、フラッシュ、サイボーグ、ワンダーウーマン、スーパーマンらが戦う姿が畳みかけられ、バットモービルが登場。立ち往生しているトラックに直進していきながら、バットモービルをトランスフォームさせて飛び上がり、月光をバックに「バットマンマーク」風のシルエットが浮かぶ…という、まるでハリウッド映画のようなアクションシーンが描き出されている。



【ストーリー】
ジョーカー率いるヴィラン達が日本を急襲!その狙いは、鷹の爪団の秘密兵器を奪い、悪用すること。いち早く危機を察知したジャスティス・リーグは東京に集結し、鷹の爪団と合流するが、その中にバットマンの姿はない。なんと彼は、ジャスティス・リーグを脱退していた!しかし、鷹の爪映画の最大の弱点は予算。莫大なキャラクター使用料とハイクオリティなアニメーション作画を要するジャスティス・リーグは、大富豪であるバットマンの資金援助なしでは満足にアクションを披露できず、ザコすら倒せない!果たして鷹の爪団とジャスティス・リーグは、自宅に引きこもっているバットマンを呼び戻せるのか? そして、ジョーカーの野望を打ち砕くことはできるのか!?

『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』
10月21日(土)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
© Warner Bros. Japan and DLE. DC characters and elements © & ™ DC Comics. Eagle Talon characters and elements © & ™ DLE. All Rights Reserved.
公式HP:http://dc-taka.com


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す