水木一郎アニキの歌声が炸裂する!『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』予告編解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


今年画業50周年を迎える永井豪のスーパープロジェクトとして復活する新作「マジンガーZ」の正式タイトルが『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』となり、2018年1月13日(土)より全国公開する。

今回、正式タイトル決定に併せて水木一郎のオープニングテーマが流れる予告映像が解禁された。




予告編では、マジンガーZのアクションシーンが満載!主人公・兜甲児の祖父・兜十蔵博士が生み出した、【神にも悪魔にもなれる】といわれるほどの強大で圧倒的なパフォーマンスがついに明らかになる。そしてロケットパンチ、ブレストファイヤー、アイアンカッター、光子力ビームなど、往年のファンも垂涎の必殺技の数々で、機械獣軍団を殲滅するマジンガーの姿が!そして、気になるのがドラマ展開。再び現れた悪の科学者Dr.ヘルを前に、かつての英雄・兜甲児と人類の選択はー?映像では謎のキーワード「ゴラーゴン」とつぶやく、新キャラクター・リサの他、弓さやか、首相となった弓弦之助(元弓教授)、ボス、ムチャ、ヌケ、せわし博士、のっそり博士などおなじみのキャラクターも登場。10年の時を経て成長し立場も変わった面々の新たなドラマへ期待感が高まる。彼らに待ち受ける運命とは?!壮大で重量感のあるアクションと緊張感のあるドラマに益々目が離せなくなること間違いなしの映像になっている。

気になる劇場版のオープニングテーマは、水木一郎が担当!45年の時を経て再起動する本作のため、みんなの“アニキ”水木一郎が帰ってくる!楽曲を新録し、さらにパワーアップして「マジンガーZ」のオープニングテーマが復活する!「パイルダー・オン!」「ゼーット!」など、アニキの絶叫に感極まるファン続出なのは間違いない!そして、そのオープニングテーマを現代版として見事なアレンジを加えたのは、劇中音楽を担当する渡辺俊幸。水木が歌うオープニングテーマ「マジンガーZ」を作曲したことでもお馴染みの、昭和のアニメ・ヒーロー、特撮音楽界の巨匠・渡辺宙明の御子息。親子二代で受け継がれる「Z」の遺伝子で、本作を盛り上げる。

<水木一郎 コメント>
45年前にレコーディングして以来、日本はもちろん、世界各国のファンの前で数えきれないほど歌わせていただいていますが、どの国のファンの人たちも、会場が一体となって「ゼーット!」と大合唱になるんです。このスゴさは、目の当たりにした人でないとわからないでしょうね。時を経ても、世界中のファンの人たちにとって「マジンガーZ」は少しも古くなることなく、常に胸を熱く燃やす元になっているんです。僕自身、この「マジンガーZ」のテーマソングを歌い続けて、1度も飽きたことがないし、いつも新鮮な気持ちで歌わせていただいています。実は僕、来年50周年を迎えるんです。そんな記念の年に、日本でこの「マジンガーZ」が上映になるなんて、これはもう、永井先生の50周年をお祝いすると同時に、僕自身へのプレゼントでもあるかなと思ってます!


【ストーリー】
あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。それは神にも悪魔にもなれるー
かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。そして、時を同じくして現れる機械獣や宿敵Dr.ヘル。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』
2018年1月13日(土)全国ロードショー
配給:東映
(C)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
公式HP:mazinger-z.jp

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マジンガーZ Blu-ray BOX VOL.1【Blu-ray】 [ 永井豪と…
価格:20250円(税込、送料無料) (2017/8/31時点)


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す