『ブレードランナー 2049』IMAX 3D上映が決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


SF映画史上最高の傑作として、公開後35年にわたり語り継がれる『ブレードランナー』(82)。その続編となる『ブレードランナー 2049』が10月27日(金)から全国公開される。

今回、圧倒的な世界観が押し寄せる本作の【IMAX 3D】上映が決定した。




“ブレードランナー”デッカードをハリソン・フォードが再び演じ、新たな“ブレードランナー”K をライアン・ゴズリングが熱演。リドリー・スコットは製作総指揮を、そして『メッセージ』(16)でアカデミー賞監督賞にノミネートされた鬼才ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督をつとめ、SF映画界に新たなる<奇跡>を起こす!

本作の IMAX上映でのみ、全本編において画角を 1.9:1に拡大。IMAXスクリーンをより広範囲に活用し、通常シアターに比べ約26%増の映像で上映される。これにより、ドゥニ・ヴィルヌーヴの描く新作「ブレードランナー 2049」の壮大なる世界が、これまでにない圧倒的な臨場感で体験できます!IMAXでしか味わえない映像に大興奮必至となる。また、IMAX限定入場者プレゼントとして、ミニポスターの配布も決定した。



<IMAX用に特別にフォーマットされた映画の上映について>
「画角(アスペクト比)」とは技術的な用語で画像の縦幅と横幅の比率を指します。今日のほとんどの映画はシネマスコープ(2.40:1)と呼ばれる画角で上映されています。このシネマスコープでは、カメラがとらえた映像の一部を切り取って使用されています。そのため、ほとんどのシアターのスクリーンは、横幅は非常に広く、縦幅はそれほど広くない構造になっています。フィルムメーカーは、非常に高い解像度の IMAX®カメラを使用して撮影をするか、もしくはポストプロダクションの過程でより多くの映像を残しておくことによって、IMAX®での上映用に拡大した画角で、最初の撮影された映像をより多くを皆様にご提供することができるのです。それにより、フルパノラマの映像が視界いっぱいに広がり、映画の中にいるような、またとない映画体験をお届けします。

IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation.IMAX 3D and IMAX DMR are trademarks of IMAX Corporation.


『ブレードランナー 2049』
10月27日(金)全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式HP:http://www.bladerunner2049.jp/


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す