狂気のスタイリッシュ・ヒロインアクション『悪女/AKUJO』日本公開&邦題決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


2017年第70回カンヌ国際映画祭で上映され話題沸騰となった、超過激スタイリッシュ・ヒロインアクション映画「THE VILLAINESS/悪女」(原題)が、邦題『悪女/AKUJO』として2018年2月に日本公開されることが決定した。

愛する人を殺され、運命に翻弄される最強無敵の女殺し屋を、『渇き』で鮮烈な印象を残したキム・オクビンがスタントなしで熱演!狂気全開の最先端アクション、ついに日本上陸!


香港、中国、ハリウッドを向こうに回し、アクション映画の限界値を猛烈な勢いで更新し続ける韓国映画界から、またひとつぶっ飛んだ傑作が誕生した。犯罪組織の殺し屋として育てられ、最愛の人を殺された1人の女性が、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み、愛と裏切りに翻弄されながら最強無敵の“悪女”と化していく。ヒロインアクション映画の金字塔『ニキータ』に韓国的“恨(ハン)”のエモーションを投入したシンプルかつ濃密な物語のなかで、誰も見たことのないエクストリーム・バイオレンスが炸裂する!
 
監督はスタントマン出身という異色の経歴を持ち、今年、藤原竜也主演×入江悠監督で日本でもリメイクされ大ヒットを記録した『22年目の告白 -私が殺人犯です-』のオリジナル作品である『殺人の告白』を手掛けたチョン・ビョンギル。本作では、敵対組織のアジトに単身乗り込んだヒロインが数十人もの敵と死闘を繰り広げるさまを、FPS(First Person Shooting)ゲームやVR映像を思わせる一人称視点映像で捉えるなど、斬新かつ大迫力の映像体験を作り上げた。



その常軌を逸したアクション演出に体を張って応えたのが、美しき破滅型ファム・ファタール女優、キム・オクビンだ。『渇き』では女ヴァンパイア、『高地戦』では凄腕スナイパーを演じて鮮烈な印象を残した彼女が、本作ではテコンドーとハプキドーの黒帯を持つ身体能力の高さを遺憾なく発揮。撮影前に長期猛特訓を経て、日本刀から自動小銃、ハンドガンから手斧まで多彩な武器を使いこなす戦闘シーンのほぼ全てをノースタントで熱演。今まで見たことがない狂気の最先端アクションを実現させた。

共演には、『JSA』『トンマッコルへようこそ』で世界的に好評を博し、キム・オクビンとは3度目の共演となるシン・ハギュン、TVドラマ「上流社会」などに出演し日本にも熱狂的なファンを持つソンジュンなど、豪華キャストが集結している。

本作は今年の第70回カンヌ国際映画祭公式招待作品として、これまで『グエムル ‐漢江の怪物‐』(2006)、『チェイサー』(2008)、『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)など、毎年エッジのきいた良質なアクション&ホラームービーが選定され熱い映画ファンの注目を集める、ミッドナイト・スクリーニング部門にて上映され話題沸騰。「新たなアクション映画の幕開け」―/Film、「今年最もクレイジーな作品」―Indie Wire、「脳裏に焼き付く冒頭7分のノンストップアクション」―VARIETY など、各メディアが絶賛! さらに今年6月には本国・韓国で上映され、成人指定にも関わらず公開4日間で46万人以上を動員する大ヒットとなった。カンヌから発信され、世界中を興奮の渦に巻き込んだ超過激スタイリッシュ・ヒロインアクションが遂に日本上陸を果たす。



【ストーリー】
犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒ(キム・オクビン)は、育ての親ジュンサン(シン・ハギュン)にいつしか恋心を抱き、結婚する。甘い新婚生活に胸躍らせていた矢先、ジュンサンは敵対組織に無残に殺害されてしまい、逆上したスクヒは復讐を実行。しかしその後、スクヒは国家組織に拘束されてしまい、ミッションを10年間つとめたのち自由の身になるという条件のもと、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。やがて新たに運命の男性に出会い幸せを誓うが、結婚式の日に新たなミッションが降りかかり――

『悪女/AKUJO』(R15+)
2018年2月、角川シネマ新宿ほかロードショー!
配給:KADOKAWA
(C)2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & APEITDA. All Rights Reserved.
公式HP:akujo-movie.jp


■オリジナル予告




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す