『GODZILLA 怪獣惑星』の前日譚となる、虚淵玄監修のノベライズが発売決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


「ゴジラ」シリーズ最新作、アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』が11月17日(金)に全国公開となる。

本作のノベライズ「GODZILLA 怪獣黙示録」が10月25日(水)に角川文庫から発売されることが決定した。




この小説は、映画『GODZILLA怪獣惑星』の前日譚に当たる物語。「なぜ人類は故郷である地球を捨てなくてはならなかったのか?」、「ゴジラが出現する前、怪獣と人類の間に何があったのか?」、「そして、ゴジラとの接触・・・」。最前線の兵士だった者、彼らを指揮する将官あるいは政治家、科学者だった者、あるいは一般市民、幼い子供だった者、一人一人の証言から紐解かれる怪獣黙示録とは。

映画本編では決して語られることのない、謎に満ちたアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の前史を読み解く唯一無二の小説が誕生した。小説刊行にあたり、映画のストーリー原案と脚本を担当し、小説『GODZILLA 怪獣黙示録』の監修も務めた虚淵玄氏よりコメントも到着した。

人類滅亡特急列車。
こちらが怪獣惑星への直通便となります。

虚淵玄(シナリオライター、小説家)


著書名:角川文庫『GODZILLA 怪獣黙示録』
著者:大樹連司(ニトロプラス)/監修:虚淵玄(ニトロプラス)
発売日:10月25日(水)発売
定価:本体560円+税
サイズ:A6判・並製/224頁
商品ページ:http://www.kadokawa.co.jp/product/321706000501/

『GODZILLA -怪獣惑星-』
11月17日(金)全国公開
監督:静野孔文/瀬下寛之
ストーリー原案・脚本:虚淵玄(ニトロプラス)
配給:東宝映像事業部
(C)2017 TOHO CO.,LTD.
公式サイト:godzilla-anime.com


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す