『ブレードランナー 2049』豪華キャスト&スタッフが“ブレランの魅力”を披露する特別映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


SF映画史上最高傑作として、今なお語り継がれる『ブレードランナー』(82)。その続編『ブレードランナー 2049』が10月27日(金)日本公開となる。

ハリソン・フォードをはじめとする超豪華キャストと、巨匠リドリー・スコット、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督らが、“ブレランの魅力”を披露する特別映像が到着した。




いよいよ全米で公開となった本作に、全米メディアからは「SF映画の最高傑作」(ヴァラエティ)、「前作を超えた!」(USAトゥデイ)、「前作を超えた。久しぶりに見る SF 傑作。時代性に富み、美しく、感動的そして想像力豊かな作品」(ファンダンゴ)と、絶賛の声が相次いでおり、早くも“前作超え”という意見も聞こえてくる。そんな高評価の理由を答えるように、本作を「前作から自然に流れる物語」と映像の中で語るのは、35年ぶりに“デッカード”を演じたハリソン・フォードだ。前作では、恋人である女性レプリカントと共に姿を消したデッカードの行方や、その正体など、分からぬまま終わった彼にまつわる様々な謎が残されていた。それらが明かになるのを期待させる彼の言葉に、本作では製作総指揮を務める“SF 映画界の巨匠”リドリー・スコットも「ハリソンは脚本を読んで“これこそ最高の脚本だ”と言っていた」と、全映画ファンの興奮をさらに高めるコメントを披露している。

そんなブレードランナーのレジェンドたちが本作の魅力を語る一方、言葉少なになってしまったのは主演のライアン・ゴズリング。幾多の作品で難役こなしてきた彼でさえ「この映画を語るほど難しいことはない」と説明する本作には、「秘密で覆われたままにしておくべき作品だ」と“もはや言葉にするもの勿体ない”ほどの驚きの真実が明かされているのだ。ライアン演じるKは、前作から30年後“2049年”の世界で、人間と見分けのつかない人造人間“レプリカント”と人間社会の均衡を守るブレードランナー。そんな彼が人類存亡に関わる“秘密”を知ることでストーリーが展開し、ライアンも笑うしかない、予想だにしない“映画史に残るラスト”が、いま全米を揺るがせているのだ。

その他にも映像では、「ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督にオスカーを受賞させないわけにはいかない」(ムービーフォーン)と、すでに“アカデミー賞最有力候補”との呼び声高いドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、「監督を任されたのは最高の名誉。胸が躍ったよ」と、ファンと同じ目線で本作への興奮を告白。さらにKの恋人ジョイを演じ、スタイル抜群のあられもない姿を披露しているアナ・デ・アルマスは「照明や映像もキャラクターの1つ」、圧巻の世界観も注目だと語り、オスカー俳優ジャレッド・レトは「観た人の心の琴線に触れる映画」と、心打たれる“人間ドラマ”にもなっていると、大ヒットの理由を裏付ける本作の魅力を明かしてくれている。

『ブレードランナー 2049』
10月27日(金)全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式HP:http://www.bladerunner2049.jp/




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す