古泉智浩原作『チェリーボーイズ』実写映画公開決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


古泉智浩の人気漫画「チェリーボーイズ」が実写映画化され、2018年2月17日(土)よりシネ・リーブル池袋、渋谷TOEIほか全国劇場公開することが決定した。

今回、主演の林遣都さん、共演の栁俊太郎さん、前野朋哉さんよりコメントが到着した。


ある地方都市に住むボンクラ3人組。仕事も恋愛も上手くいかず、何事にも中途半端。そして、揃いも揃って25歳の童貞で、寝ても覚めても考えることは女性とSEXのこと。そんな負け組認定の男たちが、自分を変えるためにとった行動とは…。端から見ればクダラナイ事に取り組む彼らの、情けなくも真摯なひたむきさが、観る者の笑いと共感を呼ぶと共に、どこかに置いてきてしまった大切なものをふいに発見させられる。「童貞」を簡単にあざ笑えるような人が忘れてしまった、鈍く光る気持ちを。原作は、『青春☆金属バット』『ライフ・イズ・デッド』『死んだ目をした少年』が映画化された古泉智浩の『チェリーボーイズ』(青春工藝舎刊)。2000年に発表されて以降、童貞漫画の金字塔として高い人気を得ている。

その『チェリーボーイズ』の映画化決定に際し、今回このどうしようもない3人組の男に、実力派として個性派として活躍を続ける若手キャストが集結した。主演の林遣都が演じるのは、“自己中心的で見栄っ張りな主人公・国森信一役”。3人組の共演に、栁俊太郎は“乳首が大きいことがコンプレックスの吉村達也役”を演じ、前野朋哉が“オタクっぽい外見と内気な性格で女性が苦手な高杉誠役”を演じる。

メガホンを取ったのは西海謙一郎監督。助監督として、黒沢清監督、滝田洋二郎監督、篠原哲雄監督、長崎俊一監督、三池崇史監督に師事。08年にTV東京系列『ケータイ捜査官7』で監督デビュー。主な作品にTVドラマ『カルテット(11)』『彼岸島』『初森ベマーズ』『アイドル戦士ミラクルちゅーんず』、オムニバス映画『BUNGO〜ささやかな欲望』の中の一編『乳房』。今回が長編映画第一回監督作品となる。さらに、脚本を独特な世界観のクリエイターとして注目を集めている松居大悟が担当。監督作品として『ワンダフルワールドエンド』でベルリン国際映画祭出品、『私たちのハァハァ』でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2冠受賞、『アズミ・ハルコは行方不明』は東京国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭に出品。最新作の18年春公開予定『アイスと雨音』が今年の東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に選出されている。

【林遣都さん(国森信一役)からのコメント】
古泉智浩さんの原作を読ませていただき、この漫画の世界に飛び込んでみたいと強く感じました。20代半ばにしてチェリーボーイズと呼ばれる中身も外身もコンプレックスだらけの3人の男達が、諦めかけていた人生、敗れ去った青春を取り戻すべく、必死にもがき苦しみ叫び続ける、情けなくもどこか切ない物語に、沢山勇気を貰いました。西海監督、そして栁俊太郎さん、前野朋哉さんと共に、魂を込めて悩める童貞青年の思いをぶつけました。是非見届けていただけたらと思います。

【栁俊太郎さん(吉村達也役)からのコメント】
ビーチク役を演じさせて頂きました、柳俊太郎です。半年ほど前に撮影を終えて久しぶりにビーチクという役名を言ってみると、とても懐かしくあの時に感じた青春を思い出します。『チェリーボーイズ』の台本を初めて拝見させて頂いた時に、最低な3人組のズッコケでピュアな青春ストーリーにとても熱いものを感じました。どこか愛おしく憎めない3人組を演じるのがとても楽しみになりました。それでもやはり彼らは最低ですが。笑 最初はクンニ、カウパーという呼び名に少し抵抗はあったものの、すぐにチェリーボーイズの世界に引き込まれ、とても充実した撮影期間を過ごさせて頂きました。最低でくそったれな3人組が終わりに近づくにつれて、とても寂しく切ない気持ちになったのを今でも覚えています。キャスト、スタッフの皆さんに支えられて素晴らしい青春バイオレンスエロサスペンス作品に参加できて最高でした!ぜひ皆さん、映画『チェリーボーイズ』をよろしくお願い致します。

【前野朋哉さん(高杉誠役)からのコメント】
かつて童貞だったキャスト・スタッフと、現役童貞のキャスト・スタッフで真剣に「童貞」と向き合いました。童貞だった頃に書いたとされる松居大悟さんの脚本『チェリーボーイズ』を紐解いていくと心情や行動がとんでもなく複雑なのです。それを読み解き、演じながら体感していく中で、林くんと柳くんと僕の仲に生まれたモノがありました。生きとし生きるもの全ての方にご覧頂きたいです。


【STORY】
とある地方都市に住むボンクラ3人組――国森信一(林遣都)、吉村達也(栁俊太郎)、高杉誠(前野朋哉)。仕事も恋愛も上手くいかず、何事にも中途半端。揃いも揃って25歳になっても童貞をこじらせている。3人集まって考えること、話すことは、上手く行かない世の中への愚痴と女性とSEXのことのみ。そんな負け組認定の男達が、自分と人生を変えるためにある計画を立てた!?いざ、脱童貞大作戦へ!

『チェリーボーイズ』
2018年2月17日(土)よりシネ・リーブル池袋、渋谷TOEIほか全国ロードショー
配給:アークエンタテインメント
(C)古泉智浩/青林工藝舎・2018東映ビデオ/マイケルギオン


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す