映画『パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT』大ヒット祈願&舞台挨拶付き完成披露試写会 レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






11月4日(月)千代田区の神田明神にて、11月20日に公開の超話題作『パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT』の大ヒット祈願イベント、その後、秋葉原UDXにて完成披露試写会が行われ、主演の中村蒼、青山倫子、そして長江俊和監督が登壇した。




世界中で大ヒットを記録した前作『パラノーマル・アクティビティ』の正統な日本版続編として製作された本作、監督の長江俊和は「リアリティには非常に注意して作りました。前作の緻密な構成を踏襲し、スパイスを加えました。ほぼ100%アドリブの本作でこの二人の演技は最高でした。撮影前・撮影中・そして今日と4回もこの映画はお祓いをしてるので、大ヒット間違いなしですね。」と自信を覗かせた。主演の中村蒼は上映前の舞台挨拶で「ホラー映画に出演させていただくこと、自分でカメラを回して、さらにアドリブでセリフを話すことなど、初めてのことばかりで新鮮な撮影現場でした。僕のカメラワークにも注目です」と話した。また、本作は既に世界26ヵ国での配給が決まったことが司会より発表され、恐怖の聖地・日本を舞台にした続編の質の高さが証明された。それを始めて聞いた中村は「いよいよハリウッドですかねえ」と会場を沸かし、同じく主演で中村の姉役を演じる青山倫子はその報を聞き、「本当にすごいことですね。うれしいよりまずびっくりしています。大人数で行ってお化け屋敷感覚でキャーキャー盛り上がってほしいですね。あと、注目すべきは蒼君のかわいさとカメラーワークですね」とスタッフ・キャストともに手ごたえを感じているようだ。
映画『パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT』は11月20日(土)よりシネマサンシャイン池袋ほか全国にて公開される。 映画公式HP ⇒ http://www.paranormal-2-tokyo.jp



『パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT』
11月20日(土)シネマサンシャイン池袋ほか全国ロードショー
【STORY】 2006年、アメリカ・サンディエゴ。ケイティという女性が、同棲相手を殺害し逃亡した。後に見つかった彼らの生活の一部始終を撮影したビデオテープには、この世のものとは思えない衝撃の映像が収録されていた。編集した映像は公表され、世界中の人々を震撼させた。
 そして2010年、東京。一軒家で幸せに暮らす3人家族がいた。アメリカ旅行から帰国したばかりの春花、その弟・幸一、そして父・繁幸。ある朝、春花が目覚めると、ベッドの脇に置いてあった車椅子が窓際に移動していることに気づく。春花は弟のいたずらと決めつけるが、幸一は自らの潔白を証明するためビデオカメラで撮影することを提案する。真夜中、彼らが眠りについた後、何が起きているのか-。ビデオには衝撃の映像が映っていた…。
監督・脚本:長江俊和/出演:中村蒼、青山倫子
2010年/日本/カラー/90分/配給・宣伝:プレシディオ
公式サイト http://www.paranormal-2-tokyo.jp
(C)Presidio Corporation All rights reserved.


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください