映画『鋼の錬金術師』入場者プレゼントは「鋼の錬金術師0」に決定!原作者・荒川弘が映画に紐づく驚きの序章を執筆!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


全世界待望のファンタジー・アクション超大作、実写映画『鋼の錬金術師』が12月1日(金)の“映画の日”から全国公開となる。

今回、映画『鋼の錬金術師』12/1より配布が開始される第1弾入場者特典の全貌が明らかに!完成した映画に触発され、原作者・荒川弘先生が、実写版に続く新作エピソードを7年ぶりに描き上げ“ハガレン0[ゼロ]”として登場!




今回、原作者の荒川先生が描くのは、主人公エドが国家錬金術師になった直後のストーリー。荒川先生は「エドが国家錬金術師の資格を取ってすぐの話で、ここから映画に続く、って感じで描いてみました。」とカバーコメントに寄せており、最年少で国家錬金術師となったエドが、身体を取り戻す旅に出る前の前日譚や、あのキャラクターの衝撃の姿も描かれる。さらに、この兄弟の旅立ちの物語を含む特別コミックの内容は、本日発売の月刊「少年ガンガン」内でも更に詳細な情報が解禁される。また、12/23(土)からは、この荒川弘先生描き下ろしの表紙ビジュアルを使用した、第2弾入場者特典の2018年ポスターカレンダーが配布される。

【ストーリー】
幼い頃、亡くなった母にもう一度会いたいという想いから兄エドと弟アルは、ついに”人体錬成”の理論にたどり着く。だがそれは、錬金術師にとって絶対に犯してはならない禁忌だった……。錬成は失敗しエドは左脚を、アルは身体全部を対価として“持っていかれて”しまう。瀕死のエドは自身の右腕と引き替えにアルの魂だけをなんとか錬成し、近くにあった鎧に定着させることに成功したのだった。時が経ち、右腕と左脚に“機械鎧(オートメイル)”の義肢を装着した身で国家錬金術師となり、鎧の姿の弟アルと、失った身体を取り戻す手がかりを探す旅を続けるエドを、人はこう呼ぶのだった。“鋼の錬金術師”と──。弟の身体を元に戻すために命をかける兄と、彼を支える鎧姿の心優しい弟。失ったすべてを取り戻すため、兄弟の壮大な冒険の旅が今、始まる―。

『鋼の錬金術師』
12月1日(金)、超ド級の冒険始まる。
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX
(C)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会
公式HP:http://hagarenmovie.jp



Amazon商品ページ:鋼の錬金術師全27巻 完結セット (ガンガンコミックス)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す