『ジャスティス・リーグ』ジャパンプレミアにエズラ・ミラー&レイ・フィッシャー登場!「このあとゲームセンター行きます」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


DCが誇る最強の超人達が地球の危機を救うために集結する映画『ジャスティス・リーグ』が11月23日(木・祝)からいよいよ公開となる。

公開を直前に控え、フラッシュ役のエズラ・ミラーとサイボーグ役のレイ・フィッシャー、プロデューサーのチャールズ・ローブンが来日し、東京・六本木ヒルズアリーナで開催されたジャパンプレミアに参加した。




約1200人もの観客が待つ寒空のレッドカーペットにエズラ・ミラー、レイ・フィッシャーらが登場すると観客のボルテージは最高潮に!黄色い歓声が響き渡る中、30分以上に渡ってサインや写真撮影に笑顔で応じファンサービスに努めていた。



MCから日本で行きたい所を聞かれると、大の親日家として有名なエズラは「あとでゲームセンターに行きます。レイと2人で『ストリートファイター』で対決します。まだ勝負がついてないんだよね!」と笑顔で回答。また、今年の7月に米・サンディエゴで開催された行われたコミコンで「鋼の錬金術師」のエドのコスプレするほどの、日本のアニメファンを公言するエズラは、好きなアニメについて聞かれると、「『鋼の錬金術師』の映画がもうすぐ公開すると聞いて、すっごく興奮しています!」と大はしゃぎの様子。続けて「今のは同じワーナー・ブラザースの映画だから言えたんです」とニヤリと笑い、会場の笑いを誘った。





イベント終盤では、メジャーリーガーの前田健太選手が「縁起熊手」を持って登場。エズラ、レイ、チャールズの3人が願い事を日本語で書いた札を熊手に挿して映画のヒットを祈願した。





最後に、ゲストを代表してエズラが「僕は皆さんがスーパーヒーローだと言いました。確かにヒーローは超人かもしれません。しかし、人間は全員こういったスーパーパワーを持っていると思っています。限界を感じないで、皆さんもヒーローになれるという気持ちで、本作を観て頂けると嬉しいです」と本作をアピールした。その後全員で三本締めをし、イベントは終了した。


↑イベントには、お笑い芸人のパンサーも登壇。ワンダーウーマン、バットマン、アクアマンの格好で登場し会場を沸かせた。


『ジャスティス・リーグ』
11月23日(木・祝)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/justiceleaguejp/



Amazon商品ページ:バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット ・エディション ブルーレイセット(期間限定/2枚組) [Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す