『パシフィック・リム:アップライジング』スティーヴン・S・デナイト監督が初来日!“東京コミコン2017“に降臨!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


日本はじめ全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』(13)の熱狂から5年。待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が2018年4月に日本公開する。

今回、本作の完成を全世界が熱望する最中、スティーヴン・S・デナイト監督の初来日が決定!12月1日(金)より開催される世界最大級のポップカルチャーイベント“東京コミコン2017“のゲストとして登壇する。




前作で日本のアニメや特撮への愛情を余すことなく注ぎ、とことんこだわり抜いた世界観で日本はじめ世界中の映画ファンの心を鷲づかみにしたギレルモ・デル・トロ監督は引き続き製作として参加。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』フィン役への大抜擢で一躍スターダムを駆け上ったジョン・ボイエガを主演とし、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)ら人気キャストも引き続き活躍!新キャストとして新田真剣佑も名を連ね、前作を凌駕する興奮をもたらすに違いない本作。

10月にニューヨークで行われたコミコンでは、続編となる本作のテーマなどを熱く語り、劇中でキャラクターが着用する軍服に身を包み登場したことでも、本作にかけるほとばしる想いが窺えたデナイト監督は、「最新のテクノロジーでとても素晴らしく作り上げる事が出来るし、戦闘シーンは他のどんな映画にもない戦いだよ。小さい頃から日本の巨大恐竜の作品を観ていてとても好きなんだ。ウルトラマン、マグマ大使、ゴジラとかね」と日本が世界に誇る偉大なキャラクター達への大いなる愛を明かしており、日本の特撮・ロボットアニメへの多大なるリスペクト精神が人気を博した前作を継ぎ、現在本編を絶賛制作中のなか、他でもない日本を訪れることを心待ちにしている様子だ。

『パシフィック・リム:アップライジング』
2018年4月、全国ロードショー!
配給:東宝東和
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
公式サイト:pacificrim.jp



Amazon商品ページ:パシフィック・リム [Blu-ray]


Amazon商品ページ:ROBOT魂 パシフィック・リム [SIDE JAEGER]ジプシー・アベンジャー 約170mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア


Amazon商品ページ:ROBOT魂 パシフィック・リム [SIDE JAEGER] オブシディアン・フューリー 約180mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア


Amazon商品ページ:ROBOT魂 パシフィック・リム [SIDE JAEGER]ブレーサー・フェニックス 約150mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア


Amazon商品ページ:ROBOT魂 パシフィック・リム [SIDE JAEGER] セイバー・アテナ 約160mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア


Amazon商品ページ:ROBOT魂 パシフィック・リム [SIDE JAEGER] ガーディアン・ブラーボ 約160mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す