『ライフ』BD&DVDに収録の映像特典を一部公開!真田広之をはじめとするキャストとスタッフが無重力でのアクションを語る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、真田広之ら、豪華キャストが集結したSF大作『ライフ』のブルーレイ&DVD が本日12月6日(水)にリリースとなった。(デジタル配信中)

今回、ブルーレイ&DVDに収録される映像特典より、真田広之をはじめとするキャストとスタッフが無重力でのアクションについて語る映像を一部が公開された。








宇宙ステーション ISS が舞台の本作でアクション指導を担当したアレクサンドラ・レイノルズは、「無重力の世界を作り出すのは容易じゃない。多くの補助装置やワイヤーが要る。それに動き回る時は細かい部分まで無重力に見える状態を維持する必要があるの」と語り、無重力を表現することにこだわりをみせた。これに対して、クルーの最年長者であるシステム・エンジニアのショウ・ムラカミを演じた真田広之は、「アレックス(アレクサンドラ)は優秀な先生だ。ポールのつかみ方や離し方を教わった」と彼女の手腕を評価した。またこれまで数多くの作品でアクションを経験してきている真田は本作について「ワイヤーアクションは楽しかった。一日中立ってるだけなら耐えられないよ」とコメントし、映像内で華麗なワイヤーアクションを披露している。

次に検疫官のミランダ・ノースを演じるレベッカ・ファーガソンは「ハーネスで吊された私たちを操ってくれるチームがいるの」と、ワイヤーアクションをサポートするチームの存在を告白。スタッフは「1 人の俳優につき2 人で手の届かないところを補助するんだ。動き回る時や上下する時の高さを調整してる」と、キャストとの息があったコンビネーションによって本作のアクションが生まれたという制作の舞台裏を明かした。

最後にISSで医師を務めるデビット・ジョーダンを演じたジェイク・ギレンホールは「入念に研究され作られた映画だ。実際に起こりえる事象かプロの意見を聞き、フィクションでも事実に基づく世界を描いている」と本作を評価。さらにジェイクは「監督が重要視したのはキャスティングだ。現実味のある飛行士を演じられる俳優を集めたのさ」と語り、かつてないリアリティで人類と地球外生命体との遭遇を描くため、豪華キャストの集結が必要であったことについて言及している。

『ライフ』のブルーレイ&DVDには、今回公開された映像のほかに、カルビン制作の舞台裏や真田広之のインタビュー、未公開シーンなどの映像特典が収録されている。






『ライフ』
ブルーレイ&DVD&UHD好評発売&レンタル中/デジタル配信中
■ブルーレイ:4,743円+税
■DVD:3,800円+税
■4K ULTRA HD&ブルーレイ セット(2枚組):6,800円+税
発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C)2017 Skydance Productions, LLC. All Rights Reserved.
公式HP:http://bd-dvd.sonypictures.jp/life/


Amazon商品ページ:ライフ [Blu-ray]


Amazon商品ページ:ライフ [DVD]


Amazon商品ページ:ライフ 4K ULTRA HD & ブルーレイセット [4K ULTRA HD + Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す