『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』来日記者会見を実施!マーク・ハミル「再び自分にルーク役が来たことが最大の衝撃」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


全人類が待ち望んだ、映画を超えた史上空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」。最新作となる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、12月15日(金)から公開となる。

今回、前日のレッドカーペット・イベントに引き続き、六本木のザ・リッツ・カールトン東京にて来日記者会見が開催され、キャストのマーク・ハミル、アダム・ドライバー、プロデューサーのキャスリーン・ケネディ、監督のライアン・ジョンソンが出席した。





【取材:畑史進】

12月15日公開予定の『スター・ウォーズ エピソードⅧ 最後のジェダイ』はフォースの覚醒のラストでレイが伝説のジェダイルーク・スカイウォーカーと対面したその後を描く作品でポスターやタイトルロゴからダークサイドを感じさせるカラーとなっているため熱心なファンは様々な予想を膨らませているところだろう。12月6日にはレッドカーペットが行われルーカス時代以来変わらない人気ぶりが伺えた。そして翌12月7日は東京都内で記者会見が行われマーク・ハミル、アダム・ドライバー、キャスリーン・ケネディ、ライアン・ジョンソン監督が登壇し記者たちのインタビューや本作の魅力を語り本作だけにとどまらず、スター・ウォーズの世界を少しでも知る貴重な機会となった。



会場では浮世絵クリエイターの瀬川三十七氏がルーク、レイ、カイロ・レンを描いた「動く浮世絵」が飾られ、その出来にゲスト陣も感激した様子だった。ライアン監督は「とても美しくスター・ウォーズの世界の基本である日本の文化で描かれていることが素晴らしい」とコメントし、マークも黒澤明の「隠し砦の3悪人」や日本の武将の例を出し浮世絵の出来に満足していた。






<質疑応答>

—本作では「シリーズ最大の衝撃」と謳っていますがそのポイントは何でしょうか?

キャスリーン:最も衝撃的なことを話すのは難しいのですが、この作品には“光と闇”の緊張感があります。レイはこの作品を通してルークやカイロ・レンと触れることで大きな変化があるかもしれません。

マーク:再び自分にルーク役が来たことが最大の衝撃です。まさかジェダイを演じると年金プランが付いてくるとは思いませんでした(笑)




—カイロ・レンのマスクについてアダムはどのように思っていますか?

アダム:あの美しいマスクには愛憎関係があると思います。スター・ウォーズにとってマスクはシリーズの象徴的なものでありますし、その意味だけに留まらないと思います。キャスリーンから僕にこの役を預けてくれたときにはマスクに限らず、このコスチュームに様々な意味をクリエイターは込めていると考えました。その中には(ベイダーのように)人を攻撃し威嚇するという効果もあると思いますし、カイロ・レンが何かを隠していることも意味していると思います。でもこのマスクは付けると非常に視界が狭まるので、撮影中何度もつまづいて転んでしまいましたよ(笑)




—最新の技術で描かれたスター・ウォーズで昔と比べてどのような驚きがありましたか?

マーク:ジョージ(・ルーカス)とオリジナル3部作を作った時とは随分進化しました。当時は機材からセットまであらゆるところにお金をかけて作った高価なインディー映画なんて言われました。そんな中でも様々な知恵を使って特殊効果が生み出されました。しかし近年では、技術が進化し過ぎたことで昔に戻ろうとする風潮もあって今回のスター・ウォーズでは昔同様大きなセットを組んで撮影されています。現在は昔以上に映画制作も大掛かりなものになったので、僕は大きなモザイク画の中の一枚絵に過ぎないと思っていますよ。



—レイア役のキャリー・フィッシャーが亡くなって少し時間が経ちましたが、この作品においてどのような影響とトリビュートがあるのでしょうか?

ライアン監督:彼女の演技は今作でも大変美しく、それを映し出すことが最大のトリビュートだと思いますし、彼女から多くのものを受け取り影響を受け、成長したファンも大勢いると思います。

マーク:初めて出会ったのは彼女が19歳だったので本当に長い付き合いでした。僕にとっても、ファンにとってもかけがえのない存在だと思います。今作でも彼女は素晴らしい演技をしていましたし、映画を見るとまだ彼女は生きていると思ってしまいます。ただこの映画を哀愁漂うものと受け取らずに彼女がモットーにした日々を精一杯生きるということをこの映画から受け取って下さい。彼女と僕は実際の兄妹のように現実でも映画でも言い争いもしましたが、今となっては本当に良い思い出です。



—次回作『スター・ウォーズ/エピソード9』以降の作品をライアン監督に任ようと思われた理由を聞かせて下さい

キャスリーン:ライアンとはこの3~4年の間、監督から脚本まで本当に素晴らしい仕事をしてくれました。長年映画の現場に携わってきましたが、個人的にもルーカスフィルムの社長としても、本当に最高の経験をさせてくれたのではないかなと思っています。内容についてはまだ未定ですが、新年早々にスタッフの皆さんとブレスト会議でアイデアを出し合う予定です。スター・ウォーズが40年続いているのはそういったアイディアの出し合いが豊富だからなのではないかと気づきました。こういう空気を今後も大切にしていきたいと思います。




—最後に本作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を鑑賞する前にどのような心構えでいればいいのか教えていただけますか?

ライアン:なぜルーク・スカイウォーカーはあの島に身を隠したのか、それを考えることで作品を深掘りすることが出来ると思います。







『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
12月15日(金) 公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
公式HP:http://starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi.html



Amazon商品ページ:アート・オブ・スター・ウォーズ/最後のジェダイ


Amazon商品ページ:

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す