クリント・イーストウッド監督最新作『15時17分、パリ行き』公開決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


巨匠クリント・イーストウッド監督の最新作『15時17分、パリ行き』が、2018年3月1日(木)より、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他全国公開が決定した。

2015年8月21日。パリ行きの特急列車内で起きた554人の乗客全員をターゲットにした無差別テロ“タリス銃乱射事件”。イスラム過激派の武装した男が、乗客全員の無差別テロを企てるなか、犯人に立ち向かった3人の若きアメリカ人を描く。


常に映画界の先駆者であり続け、『許されざる者』『ミニオンダラー・ベイビー』で2度のアカデミー賞®作品賞と監督賞を受賞し近年は『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』と真のヒーローの真実を巧みに描いてきた巨匠クリント・イーストウッド監督。『ハドソン川の奇跡』でも実際の現場にいた人々がエキストラとして参加したが、今回はさらに徹底したリアリティにこだわり、主演の3人をそれぞれ本人が演じるというハリウッド映画史上前代未聞の試みに挑戦。また、乗客として当時の列車に居合わせた乗客も出演。その上事件が起きた場所で撮影に挑むという究極のリアリティの追求は、イーストウッド監督だからこそ成しえた新境地と言えるだろう。

2015年「パリ同時多発テロ」、2017年「マンチェスター・アリーナ会場テロ事件」など世界中を震撼させるテロリズム。2017年でも世界中でテロが114件(11/7まで。公安調査庁調べ)起きている。いつ、どこで、誰もが直面してもおかしくない今、ついに巨匠クリント・イーストウッド監督が初めて無差別殺傷テロを描く。

【タリス銃乱射事件とは?】
2015年8月21日、554人の乗客を乗せたアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスにイスラム過激派で武装したモロッコ国籍の男(アイユーブ・バッザーニ)がブリュッセルから乗車。トイレで自動小銃を補填し無差別殺傷を試みたが、たまたま乗り合わせていた旅行中の米空軍兵スペンサー・ストーン(23)とオレゴン州兵のアレク・スカラトス(22)、彼らの友人の大学生アンドニー・サドラー(23)が取り押さえ大惨事となるところを防いだ。その際スペンサーは犯人にカッターナイフで切り付けられ頭や首など多数負傷したが、誰一人死者を出さずに済んだ。1月には風刺週刊誌を発行する「シャルリー・エブド」が襲撃され12 人が殺害されるテロ等が続いた中、3人はフランス政府から最高勲章レジオン・ドヌールを授与され真の英雄と讃えられた。


『15時17分、パリ行き』
3月1日(木)、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他 全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC – – U.S., CANADA, BAHAMAS & BERMUDA c 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT INC.
公式サイト:1517toparis.jp 



Amazon商品ページ:ハドソン川の奇跡 [Blu-ray]


Amazon商品ページ:アメリカン・スナイパー [Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す