クリント・イーストウッド監督最新作『15時17分、パリ行き』予告編解禁&コメントも到着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


巨匠クリント・イーストウッド監督の最新作『15時17分、パリ行き』が、2018年3月1日(木)より、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他にて全国公開する。

今回、本作の日本版予告編が完成、さらにイーストウッド監督のメッセージも到着した。




2015年8月21日、554人の乗客を乗せてアムステルダムを出発した高速国際鉄道タリスがパリに向かって走る。車内には休暇を利用してヨーロッパ旅行中の3人の若者たち。アメリカから来た幼馴染の3人は快適な旅を楽しんでいた。だが、列車がフランス国境内に入った瞬間に事態は一変する。慌ただしく乗務員が通路を駆け抜けていく。一体、何が起こっているのか…。この時、車内では乗客全員をターゲットした無差別テロ、通称《タリス銃乱射事件》が発生。トイレから漏れる自動小銃AK-47の装填音に気づいたフランス人乗客が取り押さえようとするが、イスラム過激派の犯人が発砲、被弾した乗客が重傷を負った。乗務員室は鍵で閉ざされ、乗客たちは絶体絶命の危機に瀕していた。極限の恐怖と緊張感の中、とっさに行動に移し阻止したのは、ヨーロッパを旅行中だった3人の心優しきアメリカ人の若者たちだった。

その危機は、なぜ希望に変わったのか!?ついに巨匠監督が現代のテロ社会を描く最新作について語った。

■クリント・イーストウッドのコメント

この映画はごく普通の人々に捧げた物語です。

彼らは旅行中の青年で、テロリストが電車に乗り込んできた時にとっさにアクションを起こし、多くの命を救うこととなりました。テロリストは 300 発近くの弾丸と銃を持っていました。悪事を企んでいたことは明白です。

私は、数多くの素晴らしい俳優たちと出会ってきました。おそらく彼らを起用したとしても素晴らしい仕事をしてくれたでしょう。しかし私は、この 3 人の若者たち自身に演じてもらうことこそ、もしかすると面白い試みなのでは?と思い始めました。私は彼らと共に、事件が起こった全く同じ場所で撮影を行いました。彼らは熱意をもって挑戦し、私たちは彼らを受け入れました。きっと映画を観れば、驚いてくれると思います。

3人のどこにでもいる普通の若者たちが、あの事件を体験した他の人々とともに、あの場所を再び訪れるという体験は、彼らにとっても心の浄化になったのではないかと思っています。

クリント・イーストウッド

※コメント出所:http://ew.com/movies/2017/11/21/clint-eastwood-1517-to-paris-first-look/



『15時17分、パリ行き』
3月1日(木)、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他 全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:1517toparis.jp

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC – – U.S., CANADA, BAHAMAS & BERMUDA c 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT INC.



Amazon商品ページ:ハドソン川の奇跡 [Blu-ray]


Amazon商品ページ:アメリカン・スナイパー [Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す