PS4『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』開発者独占インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


『ガールズ&パンツァー』を題材にした新作ゲーム『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』を2月22日にPS4に向けて発売する。

本作は「劇場版」を始め、様々なシチュエーションを題材にミッションをこなしていくミッションモード。好きな戦車を自分らしくペイントしてマイ戦車をカスタマイズするモードなどが用意されており、戦車ゲームとしてガルパンゲームとして高クオリティなゲームに仕上がっている。






今回、本作の発売を記念して、チーフプロデューサーの佐竹伸也氏と開発プロデューサーの又野健太郎氏、そして宣伝担当の飯島雄也氏に本作の見所とガルパンへの熱い思いを語って頂きました!

[取材:畑史進]



↑ 左から又野氏(開発プロデューサー)、佐竹氏(チーフプロデューサー)


—どういった経緯で本作は開発されたんですか?

佐竹:前作のPS Vitaソフト『ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!』発売以降もガールズ&パンツァーのゲームをまだまだ作りたいという想いを持っていたことが大きな部分ではありますが、開発を決断した決定的なことといえばやはり最終章がはじまるという話を聞いたことがきっかけです。TVシリーズ放送中からガルパンが好きだったので、ガルパンのゲーム化作品を作りたいという想いでPS Vitaに向けて『戦車道、極めます!』というゲームを作らせていただきました。発売後のアンケートなどで多人数で対戦したいというお客様の熱い意見が多く、次のチャンスがあればなんとか実現したいと思っていたので、最終章の話を聞いたときはまさに時がきた!という感覚でした。前作を発売したときとは状況も変わり、PS4が普及し、ネット接続率も高く、まさにお客様が求めていたオンライン多人数対戦を実現できるタイミングになりました。お客様の求めているオンライン戦車戦を実現すべく開発がスタートしたという感じですかね。


—じゃあかなりスタッフの熱量が高い状態からスタートしたんですね?

佐竹:そうですね、作品が好きなスタッフが沢山いるのですが、スタッフ全員が「大洗の街で10人対戦ができたら、どう考えても楽しい!」というゴールを共有してもてていたので、開発スタッフ陣もノリノリで開発スタートしました。





—前作はTVシリーズの追体験ができ、今作は『劇場版』の追体験という触れ込みで宣伝されていますが、ガルパンらしさにこだわりを持たれているのでしょうか?

佐竹:ガルパンらしい戦車アクションはという点にといてはお客さんの要望に添えるよう、なかなか本当の戦車ではなしえないであろう動きなどもしっかりと再現しながら制作しています。普通の戦車戦でここまですばやく撃ち合うことって無いじゃないですか。でも、ガルパンではあたりまえにやっているので、そういった点でガルパンらしさを表現するために動きの速さやドリフト、ドリフトからの砲撃などは実装するように心がけました。

又野:やっぱりドリフトが出来ないとガルパンらしくないですし、そこから砲撃して、相手戦車に白旗をあげさせることが出来ないとファンの方も納得しないと思います。そうでないとこのゲームを存在意義も少なくなってしまう気がするので、他の戦車ゲームにはない戦いという点ではこだわりを持って開発しています。


—今回追体験できるモードは劇場版だけなんでしょうか?高クオリティでTVシリーズも追体験したいと思うファンの方もいらっしゃると思います。

佐竹:今作は劇場版を様々な視点で体験できる「感想戦モード」と、ライバル学校を主役にしたオリジナルストーリーが楽しめる「争奪戦モード」の他に、いろいろなミッションに挑む「ミッションモード」があります。このミッションモードの一部にはTV版をイメージしたミッションも楽しんでいただくことができます。

又野:本作の感想戦モードでは、それぞれの場面において、登場する戦車の視点で楽しめるようになっています。例えば劇場版冒頭のゴルフ場では「あんこうチームから見た対聖グロリアーナ」や、その逆で「聖グロリアーナから見た対あんこうチーム」というお互いのミッションが出来るようになっています。そのため、「あの劇場版のシチュエーションを色んな戦車視点で遊べる」という楽しみもあります。役場前の撃ち合いもカチューシャサイドで知波単学園の西さんが突撃してくる感じも楽しめますし、大学選抜チームの視点からも遊べるようになっています。追体験と言うよりは劇場版を振り返る感想戦がテーマなので、シチュエーションを体験していただけるものになっているかと思います。





—それってアニメスタッフの水島努監督や杉山潔プロデューサーの監修があったりするんですか?

佐竹:バンダイビジュアル様やアクタス様にはもちろん本作のご監修をお願いしています。

又野:ガルパン制作に関わる皆様のお力もあり、ご監修の場所でよりよりアイデアをいただき、参考にさせていただくことも多々ありました。特に本作の初回限定生産版に同梱される映像特典のシナリオは毎週のようにお打ち合わせをさせていただき、非常に魅力的なものに仕上がりました。水島監督はゲームボイスの収録で音響監督としてもご協力いただきました。60キャラ以上のボイスの収録があったのですが、そのほとんどを水島監督が音響監督を務めてくださっています。今作は大学選抜戦が終わった後、杏の呼びかけがで各校が集まり、戦車道のプロモーションビデオを制作するという後日談になっています。そのため、オリジナルストーリーとなりますので、台詞ももちろんオリジナルです。水島監督のお力もお借りでき、しっかりキャラクターの個性が出すことができているかと思います。あまり見たことのない組み合わせで掛け合いがあったり、オリジナルストーリーだから出来ることも非常に詰め込まれているので、そのあたりもお楽しみにしていただければと思います。


—ゲームオリジナルの体験としてはどの様なものを用意されていますか?

佐竹:原作再現ではないですが、エクストラミッションの中には5対5のカルロ・ベローチェで暴れまわるというぶっ飛んだミッションや、巨大ボコと闘うという物もあります。


—どういった経緯でそんなバカなことをやっちゃおうと思ったんですか!?

又野:巨大ボコ戦はご監修の場所でアクタス様と話をしたことがきっかけで実装しました。もともとボコと戦うミッションはいれたいという話を開発スタッフとはしていたのですが、まさか巨大ボコになるとは思いもしませんでした。

佐竹:他にもオリジナルストーリーの争奪戦モードというのがありまして、こちらは選んだ学園の立場となって色んな学園と戦って、掛け合いも楽しめるというモードになっています。これまではあんこうチームの目線になってゲームを進行していきましたが、このモードでは今までなかったような学園同士の掛け合いが見られるので是非楽しんでほしいですね。

又野:こちらのストーリーもアクタス様とも長い期間打ち合わせさせていただきました。ガルパンファンには喜んでいただけるかけあいがたくさん入っているかと思います!





—ユーザーにおススメの遊び方はありますか?

佐竹:オンラインで遊ぶのもそうなんですが、できればガルパン好きの人達と集まってボイスチャットをしながら遊んでいただくのがベストなんじゃないかなと思いますね。役割とか決めて遊べるといいですよね。ベローチェで敵を見つけて報告したり。

又野:そこで「俺はマウスだから」って迎撃に行くのも深みのある戦略性のあるゲームになると思います。その上でドリームチームを作って遊べるとなお楽しめますね。


—オフラインでの遊び方ですが、前作はチームを作って切り替えて遊ぶという楽しみ方があったんですが、それはありますか?

佐竹:本作の戦闘中は戦車を切り替えず、決まった戦車で戦い抜くということになります。今作では、一部のモードで仲間のCPU戦車に指示を出すという機能があり、マップを開いて仲間のチームに指示を出して移動させたり偵察させたり早く行動させることも出来ます。


—そうなるとかなりタクティカル要素になった感じですか?

佐竹:タクティカルとまではいかないんですが、先程も話したように今作は敵を発見するとマップ上にマークされるんです。その後、味方を配置したり自分が赴くという選択が出来るので隊長気分で楽しんでいただけると思います。





—開発期間ってどれくらいだったんですか?

佐竹:着手したのが去年の4月くらいなんで大体2年弱くらいですね。


—初回特典もかなりバラエティ豊かになっていますね!

又野:劇場版で大学選抜チームを倒すために各学校が集まったシーンがあったと思います!大洗女子の制服を着て駆けつけた時の展開は胸熱だったじゃないですか。本作は劇場版が1つのテーマになるので、その胸熱の展開を再現できる衣装を特典にしたいと思いました。また、せっかく最終章公開中なので、最終章から冬服のあんこうチーム衣装もご用意しました。さらに劇場版ブルーレイのでもOVA特典で島田愛里寿が大洗女子の制服を着ていましたよね。他の隊長がいるんだから、愛里寿だって!と思い、こちらも追加させていただくことにしました!そうこうしていると13キャラクターになってしまい、ちょっと豪華すぎるんじゃないかという声もあったのですが・・・ユーザーの皆様が喜んでくださると思って無理言って実現した形になります(笑)。


—最後にこのゲームを楽しみにしているガルパンファン、タンクゲームファンにメッセージをお願いします。

佐竹:今回はファンの皆さんの要望の高かったオンライン対戦の要素も入っているので是非お友達と一緒に遊んでいただけるとうれしいです。

又野:オンラインもそうですが、シングルプレイもオリジナルストーリー2本が楽しめる充実の内容となっています。60以上のキャラクターも登場し、しゃべります!是非楽しみにしていただければなと思います。争奪戦モードはランダムマッチとなっているので是非全ての組み合わせを確認してくださいね。

飯島:発売まであと1ヶ月きっているところですが、宣伝担当としてあんこう祭りに行ってファンの方も温かい方ばかりと感じていますので、秋山さんの潜入動画を始めとした様々な展開をしつつ盛り上げていければなと思っています。


—ありがとうございました!!





『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』
メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
対応機種:Playstation4
発売日:2018年2月22日(木)
希望小売価格:7,600円+税




『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ 初回限定生産版 Premium Edition』
メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
対応機種:Playstation4
発売日:2018年2月22日(木)
希望小売価格:11,100円+税


『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ(ダウンロード版)』
メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
対応機種:Playstation4
発売日:2018年2月22日(木)
希望小売価格:7,600円+税


(C)GIRLS und PANZER Projekt
(C)GIRLS und PANZER Film Projekt
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

公式HP:http://game-garupan.bn-ent.net/



Amazon商品ページ:ガールズ&パンツァー 第63回戦車道全国高校生大会 総集編 [Blu-ray]


Amazon商品ページ:ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) [Blu-ray]


Amazon商品ページ:CONTINUE SPECIAL ガールズ&パンツァー

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す