マーベル最新作『ブラックパンサー』百田夏菜子の吹替映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


「アベンジャーズ」シリーズのマーベル・スタジオが放つアクション・エンターテイメント最新作『ブラックパンサー』が2018年3月1日より全国公開となる。

今回、本作で主人公ブラックパンサーの妹の天才科学者・シュリ役でハリウッド声優初挑戦する“ももいろクローバーZ”のリーダー百田夏菜子による日本語吹替版の映像が解禁!




解禁された映像は、主人公:ティ・チャラ/ブラックパンサーが、敵を追いかける場面でのワンシーン。韓国にいるブラックパンサーの声に呼応するように妹シュリが、アフリカにあるワカンダのラボから高級車を遠隔操作し兄をサポート、逃げる敵を追い詰める緊迫感溢れるシークエンスだ。最新バージョンのハイテクスーツを身に纏ったブラックパンサーのしなやかなでアクロバットな身のこなし、ド迫力なクラッシュシーンなど興奮必至の映像となっている。

また、そんな中でも動じず、むしろ楽しんで車を操るシュリの姿にも注目だ。百田さんが、声優を担当するワカンダの国王ティ・チャラの妹シュリは、ブラックパンサーのスーツなど、数々の最新ガジェットを開発するまさに天才科学者。唯一ワカンダにしかない世界を崩壊させるほどの力を持つ希少な鉱石ヴィブラニウムから、様々なテクノロジーを生み出す存在として、国王のティ・チャラ/ブラックパンサーを支える重要なキャラクターだ。マーベル・スタジオ作品の中で言えば、トニー・スターク/アイアンマンや、ブルース・バナー/ハルクなどが“科学者”としてのイメージを持たれやすいが、この若さで高性能な武器やアイテムの開発を任されているというキャラクターは前代未聞。天才の名をほしいままにするシュリの今後の活躍を期待せずにはいられない。さらに、王女でもあるシュリは、好奇心旺盛で天真爛漫な女性。この知性と愛嬌を兼ね備えたキャラクターは、今後多くの観客の注目を集めそうだ。

本作の監督はロッキー・シリーズとして歴代新記録を打ち立てた『クリード チャンプを継ぐ男』の新鋭ライアン・クーグラー。主演は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でもブラックパンサーを務めたチャドウィック・ボーズマン。ヒロインには『それでも夜が明ける』でオスカーを掴んだ女優のルピタ・ニョンゴ。さらに、『クリード チャンプを継ぐ男』で主役を務め、監督からの信頼が厚いマイケル・B・ジョーダンが、ブラックパンサーの秘密を狙う敵として登場、さらに、ブラックパンサーのスーツを開発する天才科学者の妹シュリ役を、新鋭の女優レティーシャ・ライトがフレッシュに演じ、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に続きCIA捜査官エヴェレット・ロス役を「SHERLOCK シャーロック」シリーズのジョン・ワトソン役で人気のマーティン・フリーマンが務めている。

『ブラックパンサー』
2018年3月1日(木) 全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)Marvel Studios 2017
公式HP:MARVEL-JAPAN.JP/blackpanther



Amazon商品ページ:Black Panther: The Album


Amazon商品ページ:メタコレ マーベル ブラック・パンサー 高さ約78mm ダイキャスト製 塗装済み 可動フィギュア

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す