ポランスキー最新作『告白小説、その結末』日本版予告&ビジュアル解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


鬼才ロマン・ポランスキー監督最新作となるミステリー映画『告白小説、その結末』が6月23日(土)から全国順次公開となる。

今回、ふたりの女性が辿る予測不能な運命を捉えた日本オリジナルの予告編とビジュアルが完成した。




心を病んで自殺した母親との生活を綴った私小説がベストセラーとなった後、多忙な日々に疲弊しスランプに陥っていたデルフィーヌ(エマニュエル・セニエ)の前に熱心なファンであると称するエル(エヴァ・グリーン)が現れる。エルは他人の人生を代筆するゴーストライターで、その知性と献身的な態度にデルフィーヌは次第にエルに信頼を寄せるようになり、ふたりは共同生活を始め、作家とマネージャーともいえる関係が始まる。エルとの出会いを境に、自分に降りかかる数々の出来事に翻弄されていく中でついに書くべきものに出会うデルフィーヌと、デルフィーヌに近づき親密になっていくものの時に挑発的な言葉をかけ怪しい視線を向けるなど不可解な行動をとるエル。一心同体とも鏡像ともいえるふたりが辿る予測不能な運命を、上品でありながらスリリングかつ畳みかけるように描いていく。現実とフィクションの境界が溶け出すようなポランスキー監督ならではの魔術的な映像世界が繰り広げられる本作の魅力が伝わる映像となっている。

合わせて解禁となったビジュアルには<それは、作者さえも知らなかった――>という映画タイトルに連動したコピーが載り、不安げなデルフィーヌと微かな笑みを浮かべるエルという、向かい合ったふたりがまっすぐ見つめ合う対照的な表情が強い印象を与えるものになっている。

本作の原作となっている、フランスで今最も注目されているデルフィーヌ・ド・ヴィガンの小説「デルフィーヌの友情」を監督に読むよう勧めたのは、監督の妻で創作上のミューズでもあるセニエだったという。監督は、「この小説のおかげで、ふたりの女性同士の対立を掘り下げるという素晴らしい機会に恵まれました」と語り、「俳優同士の相性はつねに良好とは限りませんが、エマニュエルとエヴァの相性は最初から抜群でした」と撮影を振り返っている。また監督は、『アクトレス 〜女たちの舞台〜』などのオリヴィエ・アサイヤス監督を脚本の共同執筆者として招聘しているが、同作をはじめ“女性を描ける”ことを信頼しての起用だったという。



【ストーリー】
心を病んで自殺した母親との生活を綴った私小説がベストセラーとなった後、スランプに陥っているデルフィーヌの前に、ある日、熱狂的なファンだと称する聡明で美しい女性エルが現れる。差出人不明の脅迫状にも苦しめられるデルフィーヌは、献身的に支えてくれて、本音で語り合えるエルに信頼を寄せていく。まもなくふたりは共同生活を始めるが、時折ヒステリックに豹変するエルは、不可解な言動でデルフィーヌを翻弄する。はたしてエルは何者なのか?なぜデルフィーヌに接近してきたのか?やがてエルの身の上話に衝撃を受けたデルフィーヌは、彼女の壮絶な人生を小説にしようと決意するが、その先には想像を絶する悪夢が待ち受けていた……。

『告白小説、その結末』
6.23(土)ヒューマントラストシネマ有楽町・YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー
配給:キノフィルムズ/木下グループ
(C)2017 WY Productions, RP Productions, Mars Films, France 2 Cinéma, Monolith Films. All Rights Reserved.
公式HP:kokuhaku-shosetsu.jp



Amazon商品ページ:ゴーストライター [Blu-ray]


Amazon商品ページ:チャイナタウン [Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメント

  1. 肉ワイルド より:

    リンクに貼ってあるチャイナタウンとゴーストライター面白そうだね そっちのほうが気になっちゃった

コメントを残す