『レディ・プレイヤー1』本編冒頭映像2分間、大公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


スティーブン・スピルバーグ監督が手掛ける最新作『レディ・プレイヤー1』が4月20日(金)から日本公開となる。

今回、日本だけに許されたリアリティあふれる[オアシス]の世界を描く本編冒頭映像公開となった。




いまから27 年後の世界。経済は破綻、荒廃した社会で人類は、ゴーグル1つですべての夢が実現するVR ワールド[オアシス]が唯一の生きがいになっていた。主人公ウェイドもその一人。公開された映像では、ウェイドが自分だけの時間を過ごす為に見つけた秘密基地で、専用グローブとゴーグルを装着し、歩行スピードと方向に合わせて自動的にベルトが動く“全方向性ランニングマシン”を稼働させれば、その先には誰もがなりたいものになれる[オアシス]の世界が待っている。ただその世界を“見る”だけでなく、本当に体験することができる夢の世界だ。そこか誰もなりたいものになれて、どんな夢も叶えられる。マンインクラフトの世界からトリップし、嵐の中でハングライダー、巨大波に乗って、嵐の中を大波雪降るピラミッドでスキー。極め付けはバットマンと一緒にエベレストを登頂するなど、想像を超えた世界が広がっている。

主人公ウェイドは、[オアシス]の権利と56 兆円の財産をめぐる争奪戦に身を投じていくうち、自分たちの世界[オアシス]を牛耳ろうとする巨大企業から、運命に押されるように救うことを決意。仲間と様々な困難を乗り越え、やがて現実社会でもヒーローとして成長していく姿が描かれて行く。物理的な空間に縛られることのないバーチャルリアリティの世界だからこそ生まれる、大切な仲間との出会いと新たな発見。そしてこれまで想像もしていなかったような壮
大なアドベンチャーの世界が、それまで孤独に生きていた彼の人生を一変させてしまうのだ。

日本の公開を記念して13年ぶりの来日を果たしたスティーブン・スピルバーグ監督は本作について「この映画には沢山のメッセージがあります。是非みなさんでそれを見つけて下さい。そしてその反応を探すことが、僕自身のイースターエッグになるのです。」とコメント。秘密基地と夢の世界。たった2分の映像にも関わらず、スピルバーグらしいワクワク感あふれる冒頭シーンの公開となったが、本編にはこの何倍もの興奮が詰まっている。

”怪獣絵師”開田裕治氏キャラクターポスター



『レディ・プレイヤー1』
全国ロードショー中 3D/2D/IMAX3D®/4D
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/



Amazon商品ページ:ガンプラ MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0 (機動戦士ガンダム)


Amazon商品ページ:figure complex ムービー・リボ DeLorean デロリアン 約160mm ABS&PVC製 塗装済みアクションフィギュア リボルテック


Amazon商品ページ:RIOBOT アイアン・ジャイアント 1/80スケール 塗装済み完成品 アクションフィギュア

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す