コロッケ「役者・滝川広志としてのスタートを切れた」映画『ゆずりは』完成披露試写会レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


ものまねタレントのコロッケが、お笑いを封印して本名の「滝川広志」名義で初主演した映画『ゆずりは』が6月16日(土)より全国順次ロードショーを開始する。

今回、本作の完成披露試写会が東京・朝日ホールで行われ、主演の滝川広志ほか、柾木玲弥、大和田紗希、監督の加門幾生が登壇した。




本作は葬儀社に勤める心の起伏を失ったベテラン社員・水島と、一見、軽薄そうに見えるが繊細な心を持つ若者の新入社員・高梨が、さまざまな葬儀の現場で出会う人々の悲しみや思いやりに触れながら、やがて自身の葛藤と向き合っていく姿を描いた人間ドラマ。


舞台挨拶がスタートすると、MCを務めた大和田から「主人公を演じた武田鉄矢さん、ご挨拶をお願い致します!」と紹介されると、滝川は「ハイ!武田でございますぁーね。このたびはお出で頂き、ってコラー!」と安定のノリツッコミで会場を沸かした。その後は、映画同様に笑いを抑え「38年間、騒ぐことが好きだった人間が、全く動くことをやめて、ちゃんとした役を初めてやらせて頂きました。役者・滝川広志としてのスタートを切れたのではないかと思います。」と感慨深げに挨拶した。笑いを一切封印しての演技について聞かれると滝川は「はい、ストレスが溜まりまくりでした。」と即答。続けて「普段から何かやってないと収まらないタイプなので、今回それをすべて封印してやらさせて頂いたということで、新しい“裏コロッケ”と思って頂いて良いと思います。滝川広志という違う部分を皆さんに観て頂けるということでワクワクしております。」と冗談を交えながらコメントした。


本作のメガホンをとった加門監督は、滝川との現場でのやり取りを聞かれると「撮影前に3つお願いをしたんです。1つ目はトレードマークのもみあげを短くして、普通のサラリーマンになってほしい。2つ目はトレードマークの黒縁のメガネを外してほしい。3つ目は痩せてほしい(笑)、やっぱり、死者と向き合う仕事なので、ポチャっとしてると締まらないとおもってお願いしたんですが、撮影前に7キロやせてくれました。」とエピソードを披露。さらに「千葉県の八千代市が舞台ですが、我々は毎日撮影が終わると東京に帰るんですが、滝川さんはビジネスホテルに泊まり込んで八千代市の住民になって、撮影が終わると近所のイオンとかにも行って人々を観察しながら役作りをした」と当時を振り返った。


イベントではコロッケの代表的な持ちネタで知られる歌手の美川憲一からのお祝いメッセージがサプライズ上映される場面も。コロッケは驚きながら「いつもモノマネをやらせて頂いているのに、ありがたいですね。」と恐縮していた。最後に加門監督から「どの年代にも訪れるかもしれない、身近な人に訪れるかもしれない”死”というものと真っすぐに向き合ったとき、生きるってなんだろう、これからどう生きていくんだろうと、皆さんが考えるきっかけになればと思っています。」と観客にメッセージが送られイベントは終了した。



『ゆずりは』
6月16日(土)より新宿K’s Cinema、 イオンシネマ板橋ほか全国順次ロードショー
配給:エレファントハウス
(C)「ゆずりは 」製作委員会
公式サイト:http://eiga-yuzuriha.jp/



Amazonリンク:ゆずりは (銀鈴叢書)


Amazonリンク:楪~ゆずりは


Amazonリンク:25th anniversary コロッケ on ステージ [DVD]


Amazonリンク:マネる技術 (講談社+α新書)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す