ロン・ハワード監督、4年ぶりの来日!『ハン・ソロ』記者会見レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


6月29日全国公開予定の『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』はアメリカを始めとした英語圏の国では5月から公開され、大きな話題を呼んでいる。今回、監督を務めたロン・ハワードと伝説のスペースガンマン、ハン・ソロをハリソン・フォードから受け継いだオールデン・エアエンライク、生涯の相棒チューバッカが来日してはじめての記者会見を行った。

登壇時ロン・ハワードは「日本に来るのは大好きで、町や文化が大好きで『ハン・ソロ』という作品とともに来れたのが最高です。昨日は東京ドームで野球の試合を見てとても楽しかったです」オールデンは「はじめての東京でとても嬉しいです。ぜひこの作品を楽しんでください」チューイからもオールデン「日本にこれてとてもワクワクしています、フラッシュも多くても大丈夫だよ」と来日の喜びを話した。


記者会見の最後には吹替版でカメオ声優を務めた市川海老蔵も登壇し隈取りが送られた。隈取り」とは寿三升景清(ことほいでみますかげきよ)にて市川海老蔵が演じた悪七兵衛景清の隈取りの色彩を忠実に再現したものとなっており、日本の伝統芸能のサプライズプレゼントに2人は大満足した。



【マスコミによる質疑応答】

―――本作の製作の点において気をつけた点は?またジョージ・ルーカスから何かアドバイスを受けましたか?

ロン・ハワード(以下、ロン):今回は自分に撮ってクリエイティブで冒険的なワクワクして制作した作品でした。物語の人間関係と体を張ったアクション、この2つを通して我々の知るハン・ソロになっていきます。これらの脚本もカスダン親子の協力なくしては成功しませんでしたが、ここにいるオールデンも素晴らしい演技をしてくれたからこそ、この作品は世に産み出されたのです。ジョージ・ルーカスもご存知の通り、今は人道支援の活動に専念していまいます。そんなジョージは『スターウォーズ』と言う作品において登場人物の精神や名誉、志を大切にしてきました。これは黒沢映画でも大切にしたことで、日本リスペクトの高い彼はこれに倣って素晴らしい作品を作りました。私も彼らに倣ってこの作品には彼らの大切にした事とこの映画を見ることで若い人たちが冒険をしたくなるような作品にしました。



―――ハン・ソロを演じる上で意識したことはなんでしたか?ハリソン・フォードからアドバイスを受けましたか?

オールデン・エアエンライク(以下、オールデン):ハン・ソロという男は理想主義で夢見がちな男で、今作は徐々にみなさんの知るハン・ソロになるまでのストーリーです。そんな男になれるなんて夢のようで、ワクワクした日々を過ごしてきました。ハリソン・フォードとは彼のプライベートジェットの格納庫で会うことになりましたが、そこでは彼から必要なことは僕にだけ全て教え、それを口外してはならないと釘を刺されました。ただ、彼はこの映画を観てとても満足してくれました。


―――チューバッカからみたこの映画の見所は?

オールデン(翻訳):オールデンと仕事したことだよ!




―――本作に関わった時の反応はどうでしたか?

オールデン:スター・ウォーズの一部になれることが最高で、作品で多くの人に愛されているキャラクターを演じられてよかったです。ただ役が決まったときには人には他言できない状態で、その制約が解けたときには多くの人から祝福を受けました。

ロン:今までの自分のフィルモグラフィーをどの様に活かせば良いのか考えることはワクワクしましたが、監督視点として「スター・ウォーズ」を観たことがなかったので少し悩みました。ですが、作業をしていくうちに多くの人が如何にスター・ウォーズという作品を色々な角度から捉えて、楽しませてきましたのかということを発見することで、作品に活かせました。それは想像力でありハイテクさであり、キャラクターの内面、そして多くの人が共感するテーマ性で、これらのすべての要素が一つになって、多くの人が楽しめるエンターテイメント作品で、アクションアドベンチャー作品として完成されたのです。観ている分には楽しいと言い切れますが、作る側としてはとても複雑で大変な作業でした。また作品に関わっているすべての人が『スター・ウォーズ』に関われることで自分のクリエイティビティを発揮できることでエキサイトしていたことも素晴らしかったです。アクション、アイディア、スタント、SFXなどに関わる様々な人が新しい『スター・ウォーズ』を作ることにおいて、模索して冒険的でスリリングなので僕も彼らから学ぶことも出来、この歳にもかかわらず大きく成長できました。


―――ロン監督はジョージ・ルーカスと黒沢監督とお会いになっているそうですが、その時どの様な話をされましたか?

ロン:その時は『ウィロー』のプロモーションで日本に来ていて、敬愛する作品の産みの親である黒沢監督と出会えて大変光栄で、夕食をご一緒した事を今でも覚えています。あと娘のブライスも同席していましたが、当時はまだ幼く時差ボケで眠そうでした。その時は製作においてどの様に向かい合えば良いのかという事をお話しましたが、基本的にはイギリスでもアメリカでもどこの国の監督でも映画を撮ることに対する姿勢は変わらないのだなと思いました。今でも印象に残っているアドバイスとして、作品のリズムを意識すること。撮影する環境や天気を如何に味方につけ、それらが変化した事によって作品が影響を受けたとしても作品を受け入れること。そしてカットから次のカットに移行するまでの変化が作品にどの様な影響を及ぼすのかという事を教えられました。そして最も大切にしたアドバイスがこの作品にも生かされています。それは、なにか問題に直面したとき監督を含めた3人の関係者と相談して問題の解決をすることでした。今回の仕事では公開日も決まった状態で参加したので、そこまでに仕上げなければならないというプレッシャーもありましたし、大きいプレッシャーもあったので、迅速な手腕が求められました。そこでこの3人の関係者と相談するというアドバイスが活かされたのです。その3人というのは私とカスダン親子の“脚本チーム” そしてキャスリーン・ケネディの“プロデューサーチーム”のトライアングルで様々な問題に向かって乗り越えてきました。このアドバイスが無ければこの作品は完成しなかったと思いますし、大変感謝しています。




―――ジョージ・ルーカスから受けた評価はどうでしたか?

ロン:ジョージはこの作品を見ていただいて「とても良かった」と言ってくださいました。今は殆ど現場に来ることは無いのですが、なんと僕の撮影の初日に来てくださいました。しかし、僕らに彼は意見を押し付けることなく、数時間現場を見守ってくれていました。ただ一つアドバイスがあったのは、エミリアというキャラクターからハン・ソロがマントを受け取るシーンで最初はハンガーにかけるだけだったんですが、ルーカスは「ハンだったら肩にかけると思うよ」自分でやって見せてその後にオールデンにやってもらったら、確かにハン・ソロの行動そのものだったんです。その時にハリソンから「このキャラクターは僕が全身全霊を持って演じたキャラクターではあるけれど、産み出したのはルーカスなんだ」という言葉を思い出しました。またハリソンは僕との会話でオールデンの事を「クリエイティブな役者だからもっと多くのことをもたらすし、ハン・ソロという男に関して理解度が深いと思うよ」とべた褒めしていました。


―――3000人を超えるオーディションから勝ち抜いたオールデンさんの感想を教えて下さい。

オールデン:映画に自分が決まったときに感じたのは演じるというだけでなく、今までに経験したことのない楽しさやチャレンジ、『スター・ウォーズ』という作品に入ることで多くの人から期待や批判のプレッシャーを強く感じました。プレッシャーはどの作品にもありますが、自分に与えられた「人々を楽しませるという」役割と責任を果たすこと、ハン・ソロという役を演じきることを重視していました。意外に思われるかもしれませんが今作はCGがとても少ない作品で、エイリアンも眼の前に存在し、爆発も全て眼の前で起こりました。ミレニアム・ファルコンの飛行シーンもグリーンバックではなく、投影した宇宙の前で演技をしたんです。その時僕は旧作の『スター・ツアーズ』のような冒険のように感じました。そうした、とてつもなく素晴らしい環境で仕事をさせていただけたことに感謝しています。

ロン:最後に一つ付け加えると、この作品は僕の25本目の商業作品でした。今まで多くの役者さんと仕事をさせていただいたのですが、オールデンとの仕事は毎日が特別な出来事で楽しかったです。彼は、彼自身がある意味作品を引っ張っていかなければならない状態だったこともあり、とても真摯にキャラクターに向かい合い、大きな責任を果たしました。元々の作品は群像劇で複数のキャラクターが分かれることもありましたが、一人のキャラクターが作品の全てにかかっているというのはかなり珍しいと思います。そうした作品でオールデンはプロフェッショナリズムを見せてその挑戦をこなして見せました。この様な役者は自分の人生の中でもそうそういなかったですし、彼という人間に対して大きなリスペクトを感じています。


<取材・文:畑史進>








『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
6月29日(金)全国公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
公式HP:http://starwars.disney.co.jp/movie/hansolo.html



Amazon商品ページ:S.H.フィギュアーツ スター・ウォーズ ハン・ソロ(A NEW HOPE) 約150mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア


Amazon商品ページ:ムービー・マスターピース スター・ウォーズエピソード4/新たなる希望 ハン・ソロ 1/6スケール プラスチック製 塗装済み可動フィギュア


Amazon商品ページ:ムービー・マスターピース スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ハン・ソロ 1/6スケール プラスチック製 塗装済み 可動フィギュア

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す