公開まで後2週間!『ハン・ソロ』レッドカーペットイベントレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


公開まで後3週間を切った『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』。新品に近い状態のミレニアム・ファルコンや若きハン・ソロ、チューバッカ、ランド・カルリジアンの活躍に様々な妄想が膨らんでいる日本のスター・ウォーズファンに向けて、6月12日、に六本木ヒルズアリーナで、レッドカーペットイベントが行われた。

会場にはスター・ウォーズファンの及川光博、宇宙飛行士の野口聡一、漫才師のミキの2人が駆けつけてチューバッカと友好のハグとセルフィー撮影を行った。特に野口の登壇は最も宇宙に縁があるゲストということで名前を発表した時点で多くの観衆を驚かせた。ゲスト声優を務めた及川は「『帝国の逆襲』好きにはたまらない映画となっている」と評し、野口は「『スター・ウォーズ』に憧れて宇宙飛行士になった自分としては、この作品が大変楽しみです」と話してファンの興奮を煽った。




そして本作の監督を務めたロン・ハワード、若きハン・ソロを演じたオールデン・エアエンライク、チューバッカが到着すると会場に駆けつけたファンたちのボルテージは一気に最高潮に。サインやツーショット写真を貰おうとエキサイトしたファンが柵に身を乗り出し、ロン監督もオールデンも快く応対し、目的を達成した人は歓喜の声を上げていた。特にユニークだったのはロン監督のキャップの模様。ここには「A long time a go in a galaxy far far away....」という『スター・ウォーズ』全作品共通の冒頭シーンに書かれるテロップが印字されており、ファン心を大いにくすぐったに違いない。




続いてステージイベントに入ると、ロン監督、オールデン、チューバッカと共に帝国軍のシンボルストーム・トルーパー達も登壇して会場も華やかな空気に包まれた。オールデン「初めて日本に来れて本当に良かったです、是非映画を楽しんでください」と初来日の喜びを話し、ロン監督は「本当に日本が大好きで来日するたびに楽しい国です。日本は映画に対してとても熱い魂を持った人たちがいて、そういった中で最後のプロモーションの地を訪れることが出来て、かつ新しい『スター・ウォーズ』の誕生を分かち合えて嬉しいよ」とファンを喜ばせるメッセージを送った。またチューバッカも歓喜の雄叫びを上げたがこれをオールデンが「とても喜んでいるね、会場のチューイにも挨拶したいみたいだ」と翻訳するユーモアあふれる一面をみせた。


その後ハン・ソロという男の魅力について尋ねられるとロン監督は「ハン・ソロというキャラクターは逆説的なところが好きで、だから人間的でユーモアに溢れていると思います。この作品を作りはじめたときにハリソンと話をしまして、ハンは自信が無くても有るふりをする点と、このキャラクターはジョージ・ルーカスが産み出したキャラクターだと教えられました。今回はハン・ソロになって行く過程の映画だからオールデンの背中を押すようにしてほしい」とハリソンとの意外なエピソードを披露した。一方オールデンは「子供の頃ハン・ソロという男はカウボーイ的な威勢の良さが好きでしたが、今回の仕事で彼と一緒にいるうちに僕らと変わらず、同じ感性をもった最も人間的なキャラクターだと知りました」と分析しつつ、駆けつけたファンのコスプレの出来の良さにも触れた。


またロン監督に日本の美学、DNAを受けていると聞きますが、今作はどこに受け継がれていると思いますか?と尋ねられると「先程言ったように全てのスター・ウォーズ映画に日本のDNAが受け継がれていると思います。それは戦いのスタイルが武道に通じており、今作はローンウォリアーという孤高の戦士が侍のように見えるかもしれません。ベケットというキャラクターはハン・ソロの師に当たるキャラとなっており、これも日本の文化に近いと思います」と本作の内容を少しでも深く知ってもらいながら、ネタバレにならないように話した。オールデンにハン・ソロという人気キャラを演じたことについて尋ねられると「ロサンゼルスでインタビューを受けていたときに、背後から急にハリソンが出てきて彼は僕に温かい言葉をかけてくれました。彼は2度この映画を観て、僕のことや作品を大変気に入ってくれました」と自身とハリソンの知られざるエピソードを話して新しいハン・ソロの誕生について多くのファンに安心感を与えるコメントを残した。


監督に見どころを訊くと「いっぱい秘密が有るから言えないけど、この作品は何よりも楽しんでほしいですよ。向こう見ずだけど自由を求めて反骨精神を見せるハンをはじめとしたキャラクターたちが夢を追い求めてアクション満載、ファンタジー満載の勇気づけられるような作品になっているから、そこを楽しんでほしいね」と話した。

最後にオールデンから日本のファンに向けて「日本大好き!」という日本語のメッセージが送られ、これに対して会場のファンが一斉に「I know!!」とハン・ソロの名台詞をコールして本イベントは終了した。


<取材・文:畑史進>



『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
6月29日(金)全国公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
公式HP:http://starwars.disney.co.jp/movie/hansolo.html



Amazon商品ページ:S.H.フィギュアーツ スター・ウォーズ ハン・ソロ(A NEW HOPE) 約150mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア


Amazon商品ページ:ムービー・マスターピース スター・ウォーズエピソード4/新たなる希望 ハン・ソロ 1/6スケール プラスチック製 塗装済み可動フィギュア


Amazon商品ページ:ムービー・マスターピース スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ハン・ソロ 1/6スケール プラスチック製 塗装済み 可動フィギュア

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す