ブルース・ウィリス最新作『デス・ウィッシュ』特報&ティザービジュアル解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


ブルース・ウィリス主演×イーライ・ロス監督最新作『デス・ウィッシュ』が10月19日(金)から日本公開することが決定した。

アクション全開!俺たちのブルースが帰ってきた!悪人には問答無用の特報&ティザービジュアル解禁!




ブライアン・ガーフィールドの「狼よさらば」を原作に1974年にチャールズ・ブロンソンが主演を務めた伝説の同名映画が、時代設定を現代に移しスマホやYouTubeなどの要素を取り入れ、善と悪の境界線の狭間でスタイリッシュかつド派手なアクションをぶっ放す全く新しい『デス・ウィッシュ』として誕生した。主人公のポール・カージーを演じるのはハリウッドを代表するアクションスター、ブルース・ウィリス。監督は「ホステル」「グリーン・インフェルノ」などを手掛ける鬼才イーライ・ロス。本作では自身初となるアクション大作に臨む。

解禁された特報映像では、AC/DCの「Back In Black」をテーマ曲に、外科医のポール・カージーが登場。犯罪に巻き込まれ病院に運ばれてきた一人の少年に「もう心配はいらない。」と一言告げると、フードを深々と被り、町の自警団として白昼堂々悪人を成敗する。「殺さないよな…?」と命乞いをする悪人に対しても「ああ、お前は事故死だ」と容赦ない制裁を下していく。ド派手にマシンガンをぶっ放し、ラストには何者かに向かって指鉄砲を向けるポール。その銃口の先には一体誰を見据えているのか。<俺たちのブルースが帰ってくる。>というキーワードと共に公開日が映し出され、期待に胸を膨らまさずにはいられない特報となっている。

また、特報と共にティザービジュアルも解禁。「悪人には、問答無用。」というキャッチコピーの横には鋭い眼光を飛ばすブルース・ウィリスの姿が…。主人公の静かに燃える復讐心がビリビリと伝わってくる迫力溢れるティザービジュアルに仕上がっている。



【ストーリー】
犯罪が多発し、警察の手に負えない無法地帯と化した街、シカゴ。救急救命の患者を診る外科医ポール・カージー(ブルース・ウィリス)は、毎日犯罪に巻き込まれた患者の生死に立ち会っていた。裕福で幸せな家庭だけが彼の平穏の地だった。しかし、ポールが留守のうちに家族は何者かに襲われ、妻は死に、娘は昏睡状態になってしまう。ポールの願いも空しく警察の捜査は一向に進展をみせなかった。怒りの頂点に達したポールは、犯人を抹殺するべく自ら銃を手に取り、危険な街へと繰り出し始める―。

『デス・ウィッシュ』
10月19日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
配給:ショウゲート
提供:ポニーキャニオン、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ
(C)2018 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.
公式サイト:DEATHWISH.JP



Amazon商品ページ:狼よさらば [AmazonDVDコレクション]


Amazon商品ページ:DEATH WISH: 40TH ANNIVERSARY

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す