『ジュラシック・ワールド/炎の王国』オーウェンとブルーの絆が垣間見える本編映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


「ジュラシック」シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が7月13日(金)に日本公開する。

今回、クリス・プラット演じる主人公オーウェンが自身の育てたブルーをはじめとするヴェロキラプトル4姉妹の子ども時代の映像を見返す本編シーンが到着!




今回解禁されたのは、クリス・プラット演じる恐竜行動学のエキスパートのオーウェンが、自身が育ててきたヴェロキラプトル4姉妹の子どもの頃の映像を見返す本編シーン。<ジュラシック・ワールド>オープン当初より、ヴェロキラプトル4姉妹(長女ブルー、次女チャーリー、三女デルタ、四女エコー)の調教師として、それぞれの行動を観察しながら、育て上げてきたオーウェン。画面の映像ではぴょんぴょんと飛び跳ねながらオーウェンに甘えたり、散らかったボールで無邪気に遊んだりと、まるで子犬のように愛くるしいラプトルたちの姿が映し出されるが、オーウェンが「ブルー!」と一度声をかけると、長女のブルーは先ほどの可愛らしさから一転、キリッとした様子でほかの妹たちを促し、オーウェンの前に全員整列する。次の指示を待つかのように、オーウェンの目を見つめ、その行動を目の当たりにしたオーウェンは「見たか?」と驚いた顔で自分を撮影するカメラに目を向ける。4姉妹の子どもラプトルによる超絶キュートな映像に癒されながらも、その思い出を懐かしむオーウェンの表情は、<ジュラシック・ワールド>崩壊後、野性のジャングルと化したイスラ・ヌブラル島で孤独に生きるブルーを心配するようにも見え、恐竜と人間の絆が垣間見えるエモーショナルな場面に仕上がっている。

今回解禁された映像に描かれたオーウェンとブルーの関係性や、火山噴火によってピンチになった恐竜を救出しようと試みるオーウェン、クレアたちの決断と、これまでのシリーズのなかで初めて自分たちのためだけでなく、恐竜のために行動を起こす人々の姿が描かれていく本作。前作の監督を務め、本作では製作総指揮・脚本の執筆を担当したコリン・トレボロウは、「ブルーという恐竜はキャラクターとして、すでに確立した存在なので、本作にも再登場させることは当然の流れだった。だから本作では単なる恐竜だという事実以上の存在感を持たせたかった。オーウェンとの関係の背景や成り立ちを描くことが重要だった。本作の物語の展開にオーウェンとブルーの関係性が大きく影響する。オーウェンが非常に知的な生物であるブルーを訓練して意思疎通ができるようになったり、他者と共感したりすることもできるようになる。人間にしてみれば、動物には無いと思うような知性をオーウェンはブルーから引き出すことに成功しているんだ」と、お互いの意思疎通を可能なものにしたオーウェンとブルーの関係性が物語の重要な鍵になるとコメントしている。

またオーウェンを演じたクリス・プラットは「今作ではオーウェンのブルーとの関係についてより多くのものを見ることになるし、学ぶことになると思う。たとえば、本作ではブルーがとても小さい頃の姿、オーウェンが最初にブルーを育てていたときの関係を見ることができる。その関係が発展していく様子を通して、人間と恐竜の関係というものがどういうものであるかが明確になっていくはずだ」と、本作で人間と恐竜の物語がより深く描かれていくことを明かしている。



『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
7月13日(金)全国超拡大ロードショー!
配給:東宝東和
(C)Universal Pictures
公式サイト:http://www.jurassicworld.jp/



Amazon商品ページ:ジュラシック・パーク 4ムービー・コレクション (4K ULTRA HD+Blu-rayセット)[4K ULTRA HD + Blu-ray]


Amazon商品ページ:Jurassic World Evolution (輸入版:北米) – PS4


Amazon商品ページ:ジュラシック・ワールド インドラプトル FVW27


Amazon商品ページ:ジュラシック・ワールド / 炎の王国 2018 アタックパック アクションフィギュア ヴェロキラプトル “ブルー” / JURASSIC WORLD : FALLEN KINGDOM MATTEL ATTACK PACK Action Figure VELOCIRAPTOR “BLUE” 【並行輸入版】最新 映画 2 続編 恐竜 マテル フィギュア グッズ

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す