『ボーダーライン』続編、『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』11月日本公開決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


傑作サスペンスアクション『ボーダーライン』の続編『Sicario: Day of the Soldado』が、邦題『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』として11月より日本公開が決定した。

さらに非情に、重層的に交錯する物語は、次なる<境界(ボーダー)>へと突入する!


■前作『ボーダーライン』の予告


■オリジナル版『Sicario: Day of the Soldado』予告


アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、あらゆるルールもモラルも通用しない麻薬戦争の恐るべき現実をえぐり出し世界中を驚嘆させた『ボーダーライン』が、衝撃的な世界観と臨場感はそのままに新章へと突入する。マットとアレハンドロのミッションは、メキシコからのテロリスト流入に危機感を抱いたアメリカ政府の命を受け、CIAのマット・グレイヴァーと一匹狼の暗殺者アレハンドロの仕事人コンビが挑む新たなミッションは、麻薬カルテル間の内戦を引き起こすこと。任務遂行の為には手段を問わないCIA特別捜査官マット役には、『アベンジャーズ』シリーズのヴィラン・サノス役や『デッドプール2』のケーブル役で人気沸騰中のジョシュ・ブローリン。マットに雇われる一匹狼の暗殺者・アレハンドロ役には、『トラフィック』でアカデミー助演男優賞を受賞したベニチオ・デル・トロ。カルテル間の内戦誘発の為、彼らが誘拐する麻薬王の娘・イサベル役には『トランスフォーマー/最後の騎士王』のイザベラ・モナー、ジェフリー・ドノバン(『ボーダーライン』)、CIA副長官キャサリン・キーナー(『カポーティ』、『ジョン・マルコヴィッチの穴』)らが脇を固める。

脚本は、『ボーダーライン』、『最後の追跡』でアカデミー賞®脚本賞に連続ノミネート、ネイティブアメリカン居住地を舞台に現代アメリカに潜む闇を描いた初監督作『ウインド・リバー』(7/27日本公開)で全米4館スタートから6週連続TOP10入りというロングラン大ヒットを記録したテイラー・シェリダンが脚本を務める。世界的大ヒットゲーム「コール・オブ・デューティー」映画化にあたり監督して抜擢され、現在契約交渉中とされる気鋭監督ステファノ・ソッリマがメガホンを取り、『ボーダーライン』の世界が、破格のスケールアップとエモーショナルな進化を遂げ甦った。その完成度は前作を手がけたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督をして「ノックアウト!素晴らしい続編に圧倒された!!」と言わしめるほど。

予測不可能にして非情な展開を見せる映像世界は、極限の緊迫感をみなぎらせて観る者を圧倒する。激化する国境麻薬戦争の深い闇の中で優先すべきは、兵士としての任務か、ひとりの少女の無垢なる命か。その究極の選択を迫られたアレハンドロは、いかなる“決断”を下すのか。

【ストーリー】
アメリカ国内で市民15人の命が奪われる自爆テロが発生。犯人らがメキシコ経由で不法入国したとにらんだ政府は、国境地帯で密入国ビジネスを仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れるという任務を、CIA特別捜査官マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)に命じる。それを受けてマットは、カルテルに家族を殺された過去を持つ旧知の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)に協力を要請。麻薬王の娘イサベルを誘拐し、カルテル同士の戦争を誘発しようと企てる。しかし、その極秘作戦は敵の奇襲や米政府の無慈悲な方針変更によって想定外の事態を招き、メキシコの地で孤立を余儀なくされたアレハンドロは、兵士としての任務、復讐、そして人質として保護する少女の命の狭間で、過酷なジレンマに直面することになる……。

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』
11月全国ロードショー
配給:KADOKAWA
(C)2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:border-line.jp



Amazon商品ページ:ボーダーライン スペシャル・プライス [Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す