ブルース・ウィリス主演『デス・ウィッシュ』本予告&本ビジュアル解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


ブルース・ウィリス主演×イーライ・ロス監督最新作『デス・ウィッシュ』が10月19日(金)から日本公開することが決定した。

アクション大作映画は4年ぶりの主演となるブルース・ウィリスのハード・リベンジ・アクションの本予告映像が解禁となった。




ブライアン・ガーフィールドの「狼よさらば」を原作に1974年にチャールズ・ブロンソンが主演を務めた伝説の同名映画が、時代設定を現代に移しスマホやYouTubeなどの要素を取り入れ、善と悪の境界線の狭間でスタイリッシュかつド派手なアクションをぶっ放す全く新しい『デス・ウィッシュ』として誕生した。主人公のポール・カージーを演じるのはハリウッドを代表するアクションスター、ブルース・ウィリス。監督は「ホステル」「グリーン・インフェルノ」などを手掛ける鬼才イーライ・ロス。本作では自身初となるアクション大作に臨む。

家族を何者かの襲撃で失い、悲しみに打ちひしがれる主人公・ポールが妻の葬儀で涙するシーンから始まる。犯罪が溢れ返っているシカゴでは警察もなすすべがなく、一向に捜査に進展がないことにいら立ち、遂に男は決意する。「復讐は必ず果たす。俺の手で。」銃を手に取ったセリフの次には、命を救う≪外科医≫から命を奪う≪処刑人≫へと変貌していく様が描かれる。彼の初めての“処刑”の現場に居合わせた市民によってその様子がネット上にアップロードされる。するとたちまちシカゴ中に動画が拡散、メディアは「“悪人を裁く” その男は犯罪者か?」と議論を交わす中、処刑人・ポールの行動は激化していく。

今度は工場で働く容疑者の男をパイプレンチで激しく叩きつける!たまらず悲鳴をあげる男に間髪入れずに「犯人は?言え!!!」と激しく恫喝!「医者を呼んでくれ」と助けを求める男にポールが一言「俺がお前の医者だ。」とリアルに医者だったためもはや男に抵抗する術はなく“事故死”として処刑される。「この男、悪人には問答無用。」の言葉の通り、ついには白昼堂々、町のギャングに銃を連射!!ラストには家族を失ったためカウンセリングを受ける姿が。カウンセラーに「元気そうね。最近外出してるの?」と聞かれ、悩ましげな顔を浮かべるとポール。脳裏にはその所業の数々が・・そして一言「少しだけ」。「その調子で頑張って」と促されると「ああ、そうするよ!」と満面の笑みを浮かべる。果たして暴走する主人公・ポールは一体どこに行ってしまうのか。



【ストーリー】
犯罪が多発し、警察の手に負えない無法地帯と化した街、シカゴ。救急救命の患者を診る外科医ポール・カージー(ブルース・ウィリス)は、毎日犯罪に巻き込まれた患者の生死に立ち会っていた。裕福で幸せな家庭だけが彼の平穏の地だった。しかし、ポールが留守のうちに家族は何者かに襲われ、妻は死に、娘は昏睡状態になってしまう。ポールの願いも空しく警察の捜査は一向に進展をみせなかった。怒りの頂点に達したポールは、犯人を抹殺するべく自ら銃を手に取り、危険な街へと繰り出し始める―。

『デス・ウィッシュ』
10月19日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
配給:ショウゲート
提供:ポニーキャニオン、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ
(C)2018 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.
公式サイト:DEATHWISH.JP



Amazon商品ページ:『デス・ウィッシュ』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)


Amazon商品ページ:狼よさらば [Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す